Mostly Flowers

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本はお彼岸、西洋はイースター(復活祭) 篇

<<   作成日時 : 2016/03/21 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年3月21日(月)   

昨日は春分の日(お彼岸の中日)で、今日はその振替休日となり、三連休の方も多いことでしょう。年度末に忙殺される人は、その直前の今の時期に心身を休めて準備出来るのはありがたいことと思います。まあ、それはそれとして、やっぱり連休だったら遊んじゃおう、と舞浜あたりのテーマパークへ行く人もいるでしょうね ― 暖かくなると、人間どうしても出掛けることを考えてしまいます ― その昔、キャンディーズも歌っていました ― 重いコート脱いで でかけませんか。

一週間前の14日(月)まで寒の戻りで震え上がったのが、15日以降徐々に暖かくなってきまして、そのお蔭もあり各地から桜の開花の便りも聞こえ始め、福岡、愛知、岐阜に続いて今日東京でも開花宣言がなされました。いよいよ心がうずうずする季節の始まりです。

ところで、今週末の25日(金)から来週の28日(月)にかけて、多くの西洋の国ではイースターの連休となります。そのイースターに関連して、当方が2011年に思うところを書いたブログ記事から一部再掲してみます。
  今日は Easter Sunday、キリスト教の復活祭の日です。(イエスが磔刑から
  復活したことを祝う祭りが、ゲルマンの春の到来を祝う祭りと習合したのが
  起源らしい。)

  キリスト教を国教とする多くの西洋の国では、金曜日のGood Friday から
  土曜日の Holy Saturday を経て、月曜日の Easter Monday まで4連休と
  なります(国によっては、木曜日の Maundy Thursday(または Holy
  Thursday)から Easter Sunday までの4連休)。
  スペイン語圏の国では、Semana Santa(聖週間)と呼んで前の日曜日から
  この日曜日まで一週間かけてイエスの復活を祝うとのこと。年の前半における
  最大のお祭りであり、春の到来を喜ぶ連休ともなるので、まあ、日本のゴール
  デンウィークみたいなものですね。

  イースターの日(日曜日)は moveable feast (移動祝祭日)で、春分の後の
  最初の満月の次の日曜日だとか。グレゴリオ暦での計算では、必ず3月22日
  から4月25日の間になる、とのことです。

  しかし、日本では、キリスト教信者の方々は別として、見事に人気がありません
  ね。クリスマスはあれほど賑やかに祝う(?)のに、デパート、商店街、SCも
  「イースター・セール」をやっているところは少ない。

  ただ、唯一、東京ディズニーランドだけが、例えば「イースター・ワンダーランド」
  などと銘打って、園内を盛り上げるネタに使っています。それに倣って、
  ちょっと気の利いたケーキ屋さん、お菓子屋さんで、イースターエッグを売って
  いたり、イースターバニーをテーマにしたケーキを作っていたりしていないかな、
  とウィンドウを覗いて見たのですが、大概のお店では既に「子供の日」のケーキ
  やら、「母の日」のケーキやらを出していて、イースターのイの字も見当たらない
  なあ ・・・と、思っていたら、やっと一軒のスイーツ屋さんで、イースターの
  ディスプレイをを見かけました。

  この、日本でのイースター不人気の理由は何でしょう。
  まあ、キリスト教と直接縁がない一般の日本人からすると、クリスマス=誕生、
  の方は何となく目出度いイメージがあり、「幼子イエス」も親しみやすい。
  讃美歌やクリスマスキャロル(きよしこの夜、とか)もその時期に耳にする機会
  が多くて、年末の暗く、寒い時期に世の中を明るくするには良いイベントだ、
  と言うことで、導入した。
  これに対して、イースター=復活、と言うのは、モロ、キリスト教の教義に関係
  して来る。十字架に磔になって亡くなった筈のイエス様が復活した、それを祝い
  ましょう、と言うのは、日本人にとっては too much だったのでしょう。(それを
  言うなら、マリアの処女懐胎による出産だって、キリスト教の教義に係る部分
  ではありますが、そこはマリア様の純潔さ崇高さ、幼子イエスの可愛らしさに
  免じてOKとしましょう、てなものですかね。)

上の記事を書いてから5年が経ち、巷ではイースターの字を見かけることが少しは増えてきました。一部のデパート、ショッピングセンターではイースターセールを行っています ― スプリングセールとほぼ同義語で使っている感じですが。それでも大半の日本人にあまり馴染まないのは5年前からそんなに変わっていない様に思われます。

画像
染井吉野より一足早く、早咲きの桜(大島桜?)は咲き誇っていたりします。

画像
こちらは、我が家の黄水仙。


前回以降の出来事について以下書きます。

2月26日(金)
  夕方、登戸へ行き、以前勤めていた会社で最後に所属した部署の仲間たち
  との夕食会に参加。今回の方々とは、当方が勤めを辞めた2011年末以来
  だったので、4年数カ月ぶりの再会となり、その懐かしいこと。夜の更けるまで
  お互い積もる話に花が咲き続けました。
画像
  参加者の一人Sさんお勧めのお店「元海」のお刺身盛り合わせ。鮮度抜群で
  美味しい。このお店はコスト・パフォーマンスがとても良い。


29日(月)
  四年ごとに巡って来る「うるう日」。
  何だか一日得した様な気もするし、一方、月給制の人からすると勤務日数が
  増えるので、損した気分だろうなあ。


3月1日(火)
  春三月弥生のスタートの日。


2日(水)
  パソコンでWebを使い、ある申請をしようとしたら「アクセス出来ません」との
  メッセージが表示された。ブラウザが旧いので、それを update しようとしたら
  「まず、OSを update しろ」とのメッセージだ。うちのは Windows Vista で、
  ここ2,3年 update していなかったので、Service Pack 2 と言うのを入れ
  ないといけないらしい。Microsoft のサイトでそれをインストールしようと
  するとうまく行かない。ああ、面倒くさい。パソコンの Windows Update経由で
  漸く更新出来た。それでやっと Internet Explorer 9 のインストールに進む
  ことが出来た。この間、多分2〜3時間かかって疲れた。ふう。
  新しいブラウザで、勇躍申請のサイトにアクセスしたのだけれど、相変わらず
  「アクセス出来ません」のメッセージ。仕方なく、別の方法で申請は行うことは
  出来たけれど、ちょっとくたびれ儲けだったみたいな気がするなあ。

  夕方、大井町へ行き、以前の勤め先の四人による少し遅めの新年会、に
  出席する。お店はちょっと分かりにくい場所にある「由良」さん。
画像
  コースが4,000円で多分10品くらい出て来てその量に驚く。味も良い。


4日(金)
  昼過ぎ、二子玉川ライズへ行き、
画像
  スター・ウォーズ エピソードVII を漸く観る。昨年12月18日公開だったので
  2カ月以上経っている。私としたことが・・・。
  作品の出来は悪くない。旧作(特にエピソードIV〜VI)の Look and Feel(感触)
  を良く再現していると思う。ただ、旧作へのオマージュ的なシーン(宇宙酒場、
  敵基地のシャフトなど)が多いのが気になった。今回の設定がエピソードVI
  から30年後、と言うのはどうなのかな。
  記憶があいまいなのであまり自信はないけれど、大元のジョージ・ルーカスが
  構想していた9部作の最後の3部作の舞台は、VIからもっとずっと未来だった
  のではなかったか。
  
  帰宅後、TVで世界卓球を観戦する。日本が北朝鮮に勝利。中学生の伊藤
  美誠(いとうみま)ちゃん良くやった。えらい!


5日(土)
  夕方、サントリーホールへ行き、
画像
  野尻多佳子ピアノ・リサイタルを聴く。演目は、
    ベートーヴェン     ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 「月光」
                  ピアノソナタ 第21番 ハ長調  「ヴァルトシュタイン」
    サミュエル・バーバー ピアノソナタ 変ホ短調 
                  + パレストリーナ「悲しみの聖母」
    アンコール    メラルティン 「悲しみの国」より第3曲、第4曲
  結構な演奏でした。ぱちぱちぱち。


6日(日)
  カミさんは俳句の集まりで湯河原へ。当方はのんびり留守番。


8日(火)
  この日から10日(木)にかけて確定申告の書類を集中して作成する。


11日(金)
  あれから5年経ちました。復興はまだまだみたいです。

  朝一、前日までに完成した確定申告を区の税務署に提出しに行く。時間が
  早かったせいか、雨が降っていたせいか、全然混んでいない。無事提出。
  近くに行ったついでに、鉄道ファンに知名度の高いカレー屋さん
画像
  ナイアガラの前を通る。この日はまだ開店前だったので、近日中に機会を
  作って食べに行こうと思う。


12日(土)
  夕方、東池袋にある劇場「あうるすぽっと」へ行き、
画像
  TOHOKU ROOTS PROJECT公演音楽劇「想稿・銀河鉄道の夜」を観覧する。
  この劇では、ジョバンニとカムパネルラは汽車には乗らないけれど、様々な
  人たちと出会い、いろいろ考え成長していく。印象深い内容だが、どの部分が
  原作にあり、どの部分が翻案なのかが分からないので、それを確かめる為に
  宮沢賢治の原作を読みたくなった。


13日(日)
  昼過ぎに杉並公会堂へ行き、ニュー・シティ・オーケストラの第68回演奏会
  (指揮:小久保大輔氏)を聴く。演奏曲目は、
    シューマン      「マンフレッド」序曲
    ワーグナー      「トリスタンとイゾルデ」前奏曲〜愛の死
    カリンニコフ     交響曲第2番

  第2番の交響曲はなかなかの力作で、カリンニコフの「田園」と呼ばれるらしい。
  この人のシンフォニーはもっと演奏されるべきと思う。
  アンコールは、奇しくも5年前の2011年同月同日の演奏会でアンコールとして
  演奏したバッハ「主よ、人の望みの喜びよ」。心に沁み込む演奏だった。


14日(月)
  寒く、雨が降る。外出は近くのスーパーへの往復のみ。なので、この日の
  歩数は、たったの 2,626 。多分最近の最低記録。


15日(火)
  この日は Ides of March、ジュリアス・シーザーが暗殺された日。
  前日から一転、ぽかぽか陽気になる。

  昼前、原宿へ行き、鎌倉の松原庵の支店「欅」での大学同期ランチ会に出席
  する。
画像
  コースの〆のせいろ蕎麦。良い味だ。
  食後、幹事の Y さんの発案で、明治神宮に参拝する。何十年振りだろう。
  都会の真ん中にあって静謐な場所だ。



Nick@Lest we forget 3.11



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本はお彼岸、西洋はイースター(復活祭) 篇 Mostly Flowers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる