Mostly Flowers

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンウィークではあるのだけれど 篇

<<   作成日時 : 2016/04/30 23:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年4月30日(土)   

4月14日夜に発生した震度7(前震?)と16日1時25分の同じく震度7(本震?)の地震以来、熊本県では地震が群発しています。気象庁が過去の経験則が当てはまらないと言っていますし、震度1以上の有感地震が1000回を超えていて、まだ収まる方向に向かっているとは言い難い様子です。素人目には大分方面に広がっている様にも見え、予断を許さない。
昨日からGWに突入しましたが、今年は、「わ〜い、お休みだあ」と手放しで喜べる状況ではありませんね。

上記「平成28年熊本地震」で亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、被災された方々に少しでも早い復旧が実現されることを強く願っております。それに向けて当方が出来ることは、少々の寄附と、九州産品を買うことくらいしかありませんが、気持ちは「頑張れ熊本、負けるな大分」です。

それにしても、つくづく日本は自然災害の多い国だなあ、との思いが胸を重くします。
自然災害がこれだけ多いのだから、それに重ねての人災はあってはならないこと。
(九州の原発は停めるべきではないのか?)
また、科学的根拠は全くありませんが、当方のイメージとしては、これで首都圏直下型地震が近づいた様な気がします。地震災害は全く他人ごとではなく、「明日は我が身」です。


画像
御近所で咲いている藤の花。けっこう長い。


前回以降の出来事について書きます。(怠けていたら、ひと月以上経ってしまった。)

3月15日(水)
  大学同窓&会社同期のT君と定例食事会。近況(展覧会、音楽会、読書等)
  の交換をする。同年代の友達が元気で動き回っているのは嬉しい限りだ。
  こちらも負けてなるか、との気持ちになる。


18日(金)
  入社した時の直属上司であったYさんが昨年末に亡くなられたことから、
  有志が集まって「Yさんを偲ぶ会」を開催したので、それに出席する。
  Yさん、公私ともに大変お世話になりました。淋しいです。
  帝国ホテルって久しぶりに行った。


21日(月)
  桜開花宣言が出される。冬が比較的暖かかったので、例年より少し早目。


22日(火)〜27日(日)
  オーストラリア旅行。夫婦で目いっぱい楽しんで来ました。


29日(火)
  夕方、神田神保町の一ツ橋ホールへ行き、
画像
  映画「スポットライト」の試写会を観る。アカデミー作品賞・脚本賞受賞作。
  あらすじ(Yahoo映画より)
    2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちの
    チームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、
    彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の
    真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの
    行為はタブーだったが……。

  マイケル・キートンが昨年のバードマンに続いて良い作品に恵まれたなあ。
  教会が一般のアメリカ人の生活にいかに入り込んでいるか、またそれだけに
  いかに権力を持っていて、こうしたスキャンダルの報道を潰しにかかるかに
  改めて目を見開かされる思いだ。ウォーターゲート事件を扱ったダスティン・
  ホフマン、ロバート・レッドフォードの All the President's Men(大統領の陰謀)と
  類似のスクープものだけど、こちらはより地道な取材と綿密な裏付け作業+
  チームワークの成果が前面に押し出された内容となっている。


30日(水)
  午前中、大学同期の数人と一緒に目黒駅で集合し、行人坂を下り雅叙園の
  脇を通り、目黒川沿いにぶらり観桜散歩を行う。桜はところにより三分〜七分
  咲きでまずまず。中目黒の蕎麦屋で昼食を摂り、更に目黒川を遡って大橋
  まで歩く。そして、首都高の大橋ジャンクション屋上にある目黒天空庭園を見て
  から解散。今年の花見はなかなか充実していて記憶に残るものとなった。

  その後、同期の一人M君とともに、中目黒のカレー屋さん「ナイアガラ」を訪問
  する。ここは、知る人ぞ知る鉄道好きの聖地。コーヒーを注文すると、
画像
  模型SLで席まで届けてくれる。これはうれぴ〜。
  帰りがけ、駅長さん(店主のおじさん)が是非見て行けと仰る、近くの幼稚園の
  入口に展示されている・・・
画像
  SL(C57 117号蒸気機関車)の主動輪を見て行く。駅長さんが毎日磨いて
  いるとのことで、ピカピカだ。


31日(木)
  新橋から銀座へ行き、かに道楽で昼食を摂る。その後、有楽町のよみうり
  ホールへ行き、
画像
  (今頃!ですが、)映画「ファンタスティック・フォー」を観る。
  当方、SFものは基本的に好きなのだけど、本作では途中で寝てしまった。

  夕方まで時間があるので、この日に営業開始したと言う東急プラザ銀座へ
  行ってみる。
画像
  このビルのデザインはあまり好きではないけど、
画像
  ここから見える景色は悪くない。

  まだ時間があるので、日比谷公園で散歩する。
画像
  鶴の噴水と桜の取り合わせがとても日比谷らしくて良い。

  漸く、時間となったので、夕方、先ほどと同じよみうりホールに戻り、
画像
  映画「ルーム」の試写会を観る。
    あらすじ
    施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャックと、母親ジョイ。
    彼女はオールド・ニックによって7年間も監禁されており、そこで生まれ
    育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日
    ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか
    知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた
    人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

  最近数年間に見た映画の中で最高の作品だ。
  カナダ・アイルランド製作の作品。カナダ映画ってあまり沢山観てはいない
  けれど、当方には低予算のウェットなアメリカ映画というイメージがある。
  今回は、それが良い形で出た。
  異常なストーリーだけれど、あり得ない話ではない、と思う自分がいる社会が
  怖い。日本でも類似の事件が起きているのでね。
  【この後、ネタばれあり】 母子が脱出した後、TVの番組でインタビューアーが
  日本のマスコミでは絶対訊かない質問を母親にぶつける。
  (ああ、欧米では、ここまで踏み込んだ質問をするんだなあ、と彼我の違い
  に驚き、また感心する。)
  しかし、その質問でジョイは傷つき自殺まで図る。なので、やはり、欧米
  社会で生きていくのは大変だ。一方、日本では生きていけるけど、刺激が
  ないので、おれおれ詐欺に引っ掛かったり、認知症になりやすい。どちらが
  良いのやら。
  因みに、Old Nick は悪魔の意味。当方が Nick とあだ名が付けられた理由の
  一つでもあるので、ちょっと忸怩たるものがある。


4月1日(金)
  血圧他の定期診断のため病院へ行く。


3日(日)
  すみだトリフォニーホールへ行き、東京楽友協会交響楽団の第100回
  定期演奏会(指揮:橘直貴さん)を聴く。演奏曲目は
     ウォルトン     戴冠式行進曲「宝珠と王杖」
     レスピーギ     バレエ組曲「シバの女王ベルキス」
     R.シュトラウス  アルプス交響曲
        アンコール  リャードフ 8つのロシア民謡 合唱の踊り
  定演で100回に到達するなんて、凄い。ブラボー


5日(火)
  この日は寒い!


6日(水)
  この日は20℃超えで暖かい。何だか日替わりだ。桜が満開で、風が吹くと
  花吹雪が吹きつけてくる。花びらに包まれるのはとても気持ち良い


7日(木)
  また寒さがぶり返す。雨がほぼ一日中降る続ける。何もやる気が起きない。
  これは、きっと天気のせいだ  と思っていたのだけれど・・・考えてみると、
  前夜ワインを一本空けているので、もしかしたらそのせいかも知れない。


10日(日)
  昼過ぎ、すみだトリフォニーホールへ行き ― 何だか、このところ毎週行って
  いる ― オーケストラ・ディマンシュ第42回演奏会(指揮:金山隆夫)を聴く。
  この日は「日本イタリア国交150周年記念事業」と銘打って、曲目は
    チャイコフスキー     イタリア奇想曲
    メンデルスゾーン     交響曲第4番イ長調「イタリア」
    レスピーギ         交響詩「ローマの松」
      アンコール         ベン・ハー
  やっぱりローマの松の最終部分が圧巻。ダイナミックレンジの大きな曲だ。


12日(火)
  ぽかをやらかす。歯医者との約束をすっ「ぽか」す。1時間後に気がついて
  平身低頭で電話をし、一週間後のアポイントメントをとり直す。済みません。


13日(水)
  上野へ行き、都美術館で「光陽展」(絵画)を観賞する。良い絵が多数ある
  中で、旧大日本帝国海軍駆逐艦「蕨」が美保関沖を航行している姿を描いた
  油絵が印象的だった。当方この絵の背景を知らなかったのだけれど、帰宅後
  Webで調べてみたら、昭和2年に夜間演習中に起きた艦艇の多重衝突事故
  ― 美保関(みほのせき)事件で、この「蕨」が沈没して死者92名を出した
  とのこと。この後に起こる悲劇も知らず、軽やかに航行する姿が哀しい。
  
  この日も前日に続いて ぽかをやらかす。折角沢山歩いたのに、歩数計を
  家に置き忘れて来る。1万歩以上は歩いたと思うのだけれど、勿体無い。


14日(木)
  夜、熊本地震の第一報に接し、暗澹たる気持ちになる。


15日(金)
  メキシコから里帰り中のSさんを迎えての大学同期の飲み会に参加。会場は
  御徒町の蕎麦屋兼居酒屋で、良い日本酒が沢山ある。田酒、而今、黒龍
  などを味見して良い心持ちになる。ウィ〜。
画像
  こ、この溢れ具合がたまらない!



Nick@地震よ、静まれ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴールデンウィークではあるのだけれど 篇 Mostly Flowers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる