Mostly Flowers

アクセスカウンタ

zoom RSS 豪州センチメンタル・ジャーニー篇(その3)

<<   作成日時 : 2016/06/30 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016年6月30日(木)    

この時期、誰でも思い、誰でも書くことですが、「今年も半分過ぎてしまった。私は何を残しただろう。」 まあ、何も残していなくても、元気に毎日暮らしていれば良しとしましょう。

まだ梅雨の最中なので、数日ごとに雨の日々と晴れの日々が交代しますが、何にせよ雨が街よりは水源地の方に多く降ってくれと祈るばかりです。

画像
やはりこの時期一番似合う花は紫陽花。我が家のウズアジサイ(別名おかめあじさい、おたふくあじさい、とも呼ばれるらしい)が梅雨空を見上げて元気に咲いています。挿し木して三年目に漸く咲きました。

画像
こちらも我が家にある、ミッキーマウスの木の実。↑こういう風に引っくり返すとミッキーに見えないこともない・・・かな。


シドニー旅行の最終回です。

DAY5(3/26)
  実質的にシドニー最後の日。(帰国は翌日だけど、早朝に出発なので、どこ
  へも行く時間がない。)  さて、どこへ行こう・・・、といろいろ考えて・・・
  出た答が・・・ Manly!
  シドニー近辺には、水泳、サーフィン、日光浴に適したビーチが沢山ある
  けれど、その二大巨頭がマンリーとボンダイ。マンリーの良いところは、
  サーキュラーキーからフェリーで行ける便利さと、内海と外海の両方が見ら
  れる点にある。昔、住んでいた頃も、家からそう遠くはなかったので、月に
  最低1回は週末に家族で行ったものだ。
画像
  フェリーに乗って行く途中ヨットの一群とすれ違う。今日はイースター休みの
  真っ最中で、しかも快晴なので、絶好のヨット日和だ。
画像
  フェリーが発着するのは、内海(湾内)の船着き場。こちらのビーチは波が
  穏やかだが狭い。
画像
  Esplanade(海岸の遊歩道)と呼ばれる道(両側に土産物屋やレストラン等
  いろいろな店が並んでいる)を10分ほど歩くともう一方のビーチに出る。
画像
  こちらは外海なので、波が荒いが、ビーチが広い。
画像
  江の島ほどではないけど、サーフィンをしている人が多い。Manly と言う
  地名は、昔、白人がこの辺りを探検した時、対応したアボリジニが男らしい
  態度だったから、との説が有力だが、寄せ来る波が男らしく荒々しいから、と
  言う説もある。

  久しぶりのマンリーを堪能してから、バスと電車を乗り継いでシティに戻る。
  ホテルに近い場所にある王立植物園を散策し、日本ではお目にかからない
  様な草花たちと触れ合う。

  夕方に近付いた。最後の夜はどこに行こうかな・・・と、暫し考えて出た答えが
  ・・・ McMahon’s Point (マクマホンズ・ポイント ― 現地風に言うと
  ムクマーンズ・ポイント)。湾内循環フェリーの船着き場の一つで、ハーバー・
  ブリッジを見るベストスポットの一つ、と当方は思っている。
画像
  McMahon's Point で我々の乗った次のフェリーが到着する。
画像
  橋の向こう側にオペラハウスが見えていい感じ。良く見ると、橋のてっぺん
  (旗の隣)に橋ツアーの人たちのシルエットが見える。
画像
  すぐ傍の入江が夕焼けに染まる。その向こう側にノース・シドニーのビル群。
画像
  夜になり、シティに戻る途中の景色。


DAY6(3/27)
  ツアー最終日。朝4時に起床し、ホテルをチェックアウトする。暗い中、バスで
  空港へ。
  JALのカウンターでチェックインする際、係の方が「今日はとても混んでいる
  ので・・・」と言うので、固唾を飲んで続く言葉を待っていると、「・・・プレミアム
  エコノミーにアップグレードします。」と仰る。こちらに全く異存はない。
  常々、「日本では商品名でも何でもプレミアムとつければ良いと思って・・・」
  と苦々しく思っていたのだが、こういう時のプレミアムって、す・て・き。
  イミグレを通過する際、ランダムに選ばれて、身体のX線検査を受ける。
  この時、両腕を頭の上へ挙げるのは、あまり楽しくない。無事通過して、
  免税店で義兄へのお土産の煙草を探すのだけれど、煙草売り場が見当たら
  ない。店員さんに聞くと、隅のカウンターに案内されて、ここだと言う。商品が
  陳列されておらず、店員が注文を聞いて、奥の棚から出してくるのだと言う。
  結局、買いたいブランドがなかったのだけれど、煙草があれほど虐待されて
  いたとはつゆ知らなんだ。

  搭乗案内に従って、JL772便に乗り込む。デイ・フライトで時差も2時間程度
  なので、機内映画を続けて3本(正確には2本半)観る。
  1.スターウォーズ Force Awakens 劇場でも観たけど、あれば、ついつい
    もう一度観てしまう。
  2.スティーブ・ジョブズ  途中で居眠りしたので、真ん中の部分がすっぱり
    抜け落ちている。
  3.Bridge of Spies 日本語タイトル、ブリッジ・オブ・スパイ(単数)には若干
    違和感を感じる。
    当方が子供の頃、米国のU2偵察機が撃墜され、パイロットが(当時の)
    ソ連に捕まる事件があってTVのニュースで盛んに流していたので、興味
    深く観る。冷戦当時の雰囲気がうまく再現されていると思う。U2機の
    パイロット・乗員に自殺用の薬が配布されていた、とか、パワーズ操縦士
    が捕まった時の米国内の世論の反応が「おめおめと生きたまま捕まり
    やがって・・・。」というものだったのは、こちらのイメージと違うので少し
    驚いた。


  帰宅して、There's no place like home! とつくづく思う。特にウォシュレットが
  あるのが嬉しい。シドニーのホテルは Inter-continental だったのだけれど、
  そこの客室には装備されていなかった【シドニーが13年で変わらなかった
  ことの一つだ】。

  今回買って来たもの。
画像
  真ん中は当方の好きなシリアル Shredded Wheat。下の2枚はシドニー版
  Suica/PasmoのOpal Card。


後日談
  たまたま、Webで見ていたら、シドニーのサーキュラーキーでお目に掛った
  豪華客船ダイアモンド・プリンセスが横浜港に寄港するとのこと。それで、
  4月25日彼女に会いに大桟橋に行って来ました。
画像
  堂々としたプリンセスのお尻。南半球シドニーで知り合った王女と北半球
  横浜で再会するとは、感無量です。



Nick@イチローくんは、3,000本安打まであと1ダース。(1試合平均2本
     打ったとして、あと6試合出場出来れば3,000本達成だけど・・・。)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しみにUPをお待ちしています。
PCさんの調子は大丈夫ですか?画像が出てないですね。。。
そろそろ「お疲れ様」なのかな?
バックアップは早めに!ですよ→経験上(笑)
まーちゃん
2016/07/01 06:25
まーちゃん、  大変失礼しました。昨晩、まだ編集している途中なのに、どういう訳か記事がUPされてしまい、お恥ずかしいところをお見せしてしまいました。今後は、キチンと完成してから公開するよう気をつけますので、これからも宜しくお願いします。(確かにPCも老いぼれで、いつあの世からお迎えが来てもおかしくない状況で、タイミングと見て買い替えたいとは思っているのですが…。)
Nick
2016/07/01 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
豪州センチメンタル・ジャーニー篇(その3) Mostly Flowers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる