Mostly Flowers

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑い!と獺祭の日々 篇

<<   作成日時 : 2016/07/18 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年7月18日(月・祝・海の日)     

毎日暑いですね。今日は折角の海の日なので、海風に吹かれて涼みたいところですが、海に行きつくまでに陽射しの中で蒸発してしまいそう。まあ、無理をせず、のんびり行きましょう。

画像
我が家のぶどうの木がどんどん枝を伸ばして、実がなりました。下記ブログ記事にあります様に、一昨年「天空庭園」のワイン・セミナーで貰った小枝を接ぎ木したものが漸く実を結んでくれた次第です。
http://nick-h.at.webry.info/201403/article_3.html
このセミナーで、10センチ位の小枝を3本貰って来て、それぞれ挿し木をしたのですが、2本はうまく行かず、1本から葉が出て枝が伸びて、ここまで大きくなったのです。最初の年は勿論、2年目も実が成らず、やっぱりこれは難しいかな、と思っていたところ、3年目にしてやっと実がなったので、とても嬉しい!

それで、このぶどうの品種ですが、セミナーでは「マスカット・ベイリーA」との説明だったのですが、それはWebで見ると実の色が黒い品種の様です。ところが、うちの実は今のところ白い。これから黒っぽくなるのだろうか。それとも、マスカット・ベイリーA、というのがガセネタだったのだろうか。う〜む。


このところ、どういう訳か獺祭(だっさい)に縁があります。酒飲み(それも特に日本酒好き)の方は良く御存じと思いますが、獺祭は山口県岩国の旭酒造が造っている日本酒のブランドで、国内のみならずフランス、アメリカ等諸外国でも旨い酒との定評が出来つつあるようです。

少し前に、テレビでこの酒造会社のことを採り上げていましたが、日本酒の仕込みや醸造に普通欠かせない杜氏や蔵人を雇わないで、全て社員が行い全てをデータ化する、という画期的な方法を取っているそうで、そういう時代なのだなあ、との思いを持ちました。まあ、酒を造る方法は様々でしょうから、結局何が旨いか、が分かっていれば、方法はそれ程重要ではない(つまり、この方法しかない、と言うことはない)、ということかも知れません。

画像
奥の三本組は、磨き50、二割三分、三割九分、の三種類の飲み比べセット。
磨き、とは精米歩合のことで、玄米に比べそれぞれ 50%, 23%, 39% なので、二割三分ともなる
と原料の米の量が約四分の一以下に減ってしまう。(その分、お値段も張る訳ですな。)
右手の獺祭ケーキは友人のMさんに教わったもので、純米大吟醸50がたっぷり沁み込ませてあるとのこと。甘すぎず美味しい。
手前左側のパンは、神戸屋が獺祭とコラボして開発した商品で「獺祭スペシャル」とか「獺祭カンパーニュ」とか呼んでいるもの。獺祭の酒粕を練り込んでいるとか。食パンとしては少し甘い。

画像
冬場は温め酒をお燗してぐびっ。

画像
夏にはスパークリングをキンキンに冷やして、フルートグラスでà votre santé!
初めて飲んだ時、口中でシュワッとなるのは、スパークリングワインそのものなのに、味が日本酒なのは、不思議な感じでした。

純米大吟醸の冷酒は、この間見かけて気に入った
画像
こういう酒器に注いでキューッと呷ると、胃の腑に沁み渡って、うんめぇ〜!

一つだけコメント。これだけ知名度も上がり売れる様になったのだから、酒屋さんの日除けなどに書かれている「山口の山奥の小さな酒蔵」の惹句はもう止めたら?



前々回以降の出来事について書きます。

6月3日(金)
  お墓参りに行く ― カミさんの山梨県のお寺さんと、うちの八王子方面の
  霊園のはしごをする。


6日(月)
  朝一で、豊島園の隣のスーパー銭湯「庭の湯」へ温まりに行く。行く途中、
  豊島園の入り口前を通ると、どういう訳か小学生らしい子供たちがやたら
  多い。豊島園のポスターでも「スーパーマンデー」で料金が割引になると
  宣伝されている。えーっ、今日学校じゃないの!?
  調べたら分かりました。小学校では、時々土曜日に、父兄参観とか運動会
  とか行事が開催される。そうすると、振替で月曜日が休日になるのだ。
  そんな時に、チケットが割引になるので、豊島園に行こう、となるのだ。

  夕方、サントリーホールへ行き、
画像
  この二人のデュオ・リサイタルを観覧する。
  老大家と若い弟子、と言った雰囲気で、和やかな演奏会でした。


8日(水)
  夕方、大学同窓の四人(よったり)が白楽駅前で待ち合わせ。メンバーの一人
  O君御用達の店「てっちゃん」で鰯尽くしの料理に舌鼓を打つ。
画像
  どれも旨かったけど、その中でもこの鰯鮨が最高だった!


10日(金)
  午前中、定期通院で採血される。気になる数値が一つあって、それがまだ
  正常範囲内なのだけど、徐々に増えて来ている。半年後にまた検査しま
  しょう、と。う〜む。ちと、面白くないな。

  夕方、新宿の紀伊國屋サザンシアターへ行き、
画像
  文学座公演の舞台劇「何か いけないことを しましたでしょうか? と、いう
  私たちのハナシ。」を観る。
  あらすじ(文学座HPより)
    南九州のあるさびれた港町、昔は食堂だったであろう古びた建物に
    女たちは身を寄せている。オンナたちは逃げていた。「信じられるもの」に
    集まってきたオンナたちは、それを不思議に思ったマスコミと大衆に追い
    回され、逃げ惑う。追う者は、次第に憶測だけを大きく膨らませながら追い
    かけ回し、逃げる者は、ただひたすらに逃げ惑う。「信じる」中心であった
    オッチャンは体を壊してここにはいない。聖書と歌と共同生活に救いを求め、
    「生まれて生きてここにいること」に悩み続ける中で、信じたい思いと信じ
    続けることへの不安が入り混じる。
    ワタシたち、何かいけないことをしましたでしょうか?
    それでも「生きていくしかないのだ」と踏ん張って立ち上がる、おもしろくも
    哀しい人間賛歌。

  出演者は女優だけ。昔あったイエスの方舟事件に題材を取った作品で
  当時、当方は事件の内容を理解できない年頃だったので、劇の内容が
  真実そのものでないとしても、ああ、こういうことだったのか、と腑に落ちた。
  劇としても良く出来ていて実に面白い。


15日(水)
  舛添都知事辞職表明。ふん。


16日(木)
  イチロー、日米通算ヒット数、ピート・ローズを抜く。まあ、これは参考値だね。


17日(金)
  夕方、後楽園近くの文京シヴィックホール(小ホール)へ行き、
画像
  真夏座公演の舞台劇「喜劇ファッションショー」を観る。
  あらすじ(劇団のHPより)  倹約ひとすじ七五歳・てるさんのタンス貯金は
    二千万円 。てるさんちに間借りする自称女優の待子さんは貯金知らずの
    浪費家。てるさんの親友・伸枝さんは息子に財産を食い散らされ困窮の
    日々。
    ある日、有名デパートの外商部員・田口くんがてるさんちを訪れ、てるさん、
    待子さんに意外な企画を持ちかけます。やがてこの企画は伸枝さんも
    巻き込むことに……。
    田口くん、田口くんの恋人・みどりちゃん、田口くんの奥さん・京子さん、
    そして渋い刑事の上野さん。お金の臭いに引き寄せられた人々と、3人の
    おばあちゃん(失礼!おねえさん?)の対決やいかに!!

  まあ、楽しめた。(途中、ちょっとだけ居眠りしたけど。) でも、今後、こういう
  類型的な老人たちが織り成す物語が沢山現実化するのだろうなあ。


18日(土)
  夕方、東池袋にある劇場あうるすぽっと、へ行き
画像
  イッツフォーリーズ40年・いずみたくメモリアル25年記念公演
  ミュージカルフォンテーヌ 〜音楽のいずみ たくさんの友達〜
  『見上げてごらん夜の星を』〜ミュージカルこそわが人生〜  を観る。
  ものがたり(HPより) 〜 昭和30年代後半、高度経済成長期の真っ只中、
    日本では多くの働き手を求められ、中学を出たばかりの若者は“金の卵”と
    呼ばれ、学校よりも働くことが当たり前であった。そんな金の卵のひとり
    坂本は、自分の将来のために昼間は働き、夜は定時制高校に通っていた。
    坂本は昼間の高校で同じ教室の机を使っている女生徒・ユミコと机を
    介して文通を始める。坂本とその仲間たちにとって、まだ会ったことない
    ユミコはアイドルであった。ある日、坂本は自分の机の中に女性物の財布
    を見つけるのだか…。

  イッツフォーリーズのほぼ全員が歌がうまいのに驚く。ミュージカル主体の劇団
  なので当然とも言えるが、歌唱力のレベルが半端でない。ストーリーは、単純
  だけど、それがかえって1960年代の雰囲気を感じさせる。因みに原作・作詞
  は先日亡くなった永六輔。


22日(水)
  カミさんは句会。
  当方は、高校以来の友人 Y君と東京駅近辺で昼飲み。


24日(金)
  カミさん、お友達とお出かけ。
  英国、国民投票でEU離脱を決定!って、ホントかよ!(後悔先に立たず、と
  ならないことを祈りますが・・・。)


26日(日)
  午後一で、渋谷のNHKホールへ行き、
画像
  第29回日本民謡フェスティバルを観覧する。久しぶりに、江差追分とか、
  南部牛追いとか、刈干切り唄など、代表的な日本民謡を堪能する。


27日(月)
  6月末支払い期限の国保や税金の支払いに行く。


28日(火)
  雨降って涼しい。


30日(木)
  今年も今日で半分終わった。
  左足の親指の付け根に痛みを感じる。歩けないほどではないけれど、
  長時間歩くのは楽しくない。これまでの健康診断では尿酸値は識閾を
  超えていないけれど、やはり痛風が出たのだろうか。いろいろ身体にガタが
  来ているなあ。仕方がない、ビールをプリン体ゼロのものに変えようっと。



Nick@当方気が付かなかったのですが、Biglobeからのメールによると、
    本ブログも開設10周年を迎えたとのこと。   
    とてもしいです!
    常日頃の皆様からのご支援のお蔭と、深く申し上げます。
    拙い内容ですが、これからも時々見てやって下さいね。


PS イチロー、今日ヒット3本!3,000本まであと6!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暑い!と獺祭の日々 篇 Mostly Flowers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる