疫病退散祈願 篇

2020年6月30日(火)     新型コロナウイルスによる感染症が拡大することへの防止策として宣言された緊急事態でしたが、それが解除されて1か月以上、またTokyo Alert なるものが解除されてから2週間以上が経過し、街に人混みが戻って来ました。 しかし、東京都の感染判明者数はこの数日間50〜60レベルを維持したままで…
コメント:1

続きを読むread more

聖五月 篇

2020年5月20日(水)     今日は二十四節気の小満 ー webで見ると「小満は、日の光がいっそうと強まり、万物が生長し、天地に満ち始める頃をいいます。前年の秋に蒔いた麦の穂が育ち、ほっとひと安心することから『小さな満足 = 小満』となったともいわれています」などと書いてあります。 ところで、俳句の季語で「聖五月」と…
コメント:0

続きを読むread more

来るなウイルス・出るなウイルス 篇

2020年4月26日(日)    今更書くまでもないことですが、新型コロナウイルス感染による肺炎を中心とした病変は世界中に大変な事態を引き起こしています ― この記事を書いている時点で、世界での確認された感染者数約290万人、死亡者数約20万人。 日本でも感染者数が急増したことを受けて、政府が4月7日に緊急事態を宣言し、不要不急…
コメント:1

続きを読むread more

桜隠し2020 篇

2020年3月31日(火)    予報はされていましたが、一昨日の日曜日、前夜からの雨が明け方雪に変わり、うちの方でも結構(と言っても1〜2センチ)積もりました。 家の近くにあるこども園の桜も寒そう。 この、桜が咲く時期に降る雪を「桜隠し」と呼び、俳句の季語にもなっている様です。元々は、上越や東北のローカルな季語だったとの説も…
コメント:0

続きを読むread more

2勝3敗1引き分け 篇

2020年3月4日(水)   ご近所のお寺さんの鐘楼の脇に咲いている緋寒桜。濃い緋色がお寺とミスマッチしている様でマッチしている。 昨日は3月3日、ひなまつりの日でした。 5月5日のこどもの日と違って、残念ながら祝日ではないけれど、日本の多くの児童・生徒たちにとっては思いがけない休日となってしまった様です。新型コロナウィル…
コメント:0

続きを読むread more

冬の大波賞 篇

2020年2月2日(日)     本年も、相変わりませず本ブログを宜しくお願い申し上げます。 ご近所で咲いていた臘梅。馥郁たる香り。 令和2年の1月も、あっと言う間に過ぎてしまい2月に入りました。ついこの間元日を迎えたと思ったら、もうそれからひと月以上が経ってしまった。この期間は、私の意識の中では凄く早かった。 とこ…
コメント:0

続きを読むread more

冬至2019 篇

2019年12月22日(日)   12月に入った時に「ああ、今年もあとひと月だなぁ。」と思ったのですが、その後、何だかぼやぼやまごまごしているうちに、今年も残すところ10日を切ってしまいました。年の瀬が近づくにつれ、時の流れはますます勢いを増していくのでしょう。 それで、今日は冬至。ゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたり、いろいろ…
コメント:0

続きを読むread more

冬が立ちました2019 篇

2019年11月10日(日)   おとといの8日(金)は立冬であり、一の酉の日でもありました。今年の酉の市は8日と20日(水)です。三の酉まである年は火事が多いと言いますが、今年は二の酉までしかないので平穏に済む筈です。どちらの日も土日に重ならないので、お勤めがある方々はちょっと行きづらいかも知れませんが、年に一度のことなので、是…
コメント:0

続きを読むread more

今年限りの祝日 篇

2019年10月27日(日) 今月は、台風19号が日本列島(の主に東半分)に齎した広範囲かつ甚大な災害に胸を痛め、ラグビーワールドカップ日本代表の善戦に歓喜の声を上げ、天皇陛下の即位礼正殿の儀に目を見張った月でした。多分、後々になっても記憶に残る月だったと言えると思います。(TVのワイドショー番組などは、ネタの多さに嬉しい悲鳴だっ…
コメント:2

続きを読むread more

〇〇の秋2019 篇

2019年10月6日(日)     10月に入り、暑い日もあったりしますが、漸く本格的な秋を感じる時期となりました。夜になると虫たちのすだきが賑やかです。 「秋」を形容する言葉やフレーズは沢山ありますね。 「天高く馬肥ゆる秋」を代表として、スポーツの秋、食欲の秋、感傷の秋、味覚の秋、芸術の秋、読書の秋(燈火親しむ候)などなど・…
コメント:0

続きを読むread more

重陽の節句2019 篇

2019年9月9日(月)     今日は重陽の節句です。 「ああ、重陽の節句ね。・・・ん? 重陽の節句って何だっけ?」と仰る方も多いことでしょう。 Wikipedia等によると、五節句の一つで、もともとは陰陽思想で陽の数である奇数の(その中でも一桁で最大である)九が重なる日で不吉なので「重陽」と呼ばれてその邪気を払う行事が…
コメント:0

続きを読むread more

処暑2019篇

2019年8月31日(土)     我が家で実った葡萄。青かったのが、徐々に色づいてきています。 一昨年は100房以上成ったのに、昨年は1粒も実らなかった。今年はどうかな、と思っていたら、数十房は成ったみたいで、胸をなで下ろしています。 先週の金曜日は二十四節気の処暑でした。Wikipediaによると、処暑とは暑さが峠を越…
コメント:0

続きを読むread more

お城巡りツアー 篇

2019年8月12日(月・振替休日)     今日は昨日の「山の日」の振替休日だそうで、多くの方々は夏休み真っ最中ですね。残暑お見舞い申し上げます。 二週間前の 7/29に関東甲信地方が梅雨明けしましたが、そのとたん、猛暑日の連続攻撃が始まりました。このところ毎年この時期には酷暑が続くので驚くことではありませんが、春頃の予報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンドルさんの遺産 篇

2019年7月15日(月・祝)     良く降りますね。 日によっては梅雨寒で気温が上がらず、まあ人間にとっては蒸し暑いのよりはマシかな、と思うと、植物の生育には良くなくて、野菜の値段が高騰したりしています。この夏は冷夏が予想されるとのことで、猛暑や熱帯夜も嫌だけど、「寒さの夏はおろおろ歩き」も困ります。何とか丁度良い暑さにして…
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花の季節に突入 篇

2019年6月5日(水)    関東はまだ梅雨入りしていませんが、紫陽花がきれいに咲く季節になりました。 散歩をしていると、公園や遊歩道、ビルの植え込み、ご近所の家の庭などで様々な種類の紫陽花を見かけます。これくらい、そこここに普通に紫陽花が咲いている国は他にはないのではないか、と思います。日本は紫陽花の原産地らしいので、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成31年4月30日 篇

2019年4月30日(火)     明日、元号が「平成」から「令和」に改まりますね。 新元号が発表される前には、イニシャルが”K”の漢字になるのじゃないか、とか、”A”の安では、とか様々な憶測がなされましたが、その侃々諤々を横目に見ながらの”R”とは、ノーベル文学賞をボブ・ディランに授与するレベルには敵わないとしても、結構意表を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜開花2019 篇

2019年3月26日(火)     先週、東京の開花宣言が出され、いよいよ春本番の到来が秒読み段階となりました。我が家の近くの遊歩道に植えられている大島桜は五、六分咲き、染井吉野は平均三分、四分咲きと言ったところです。 これくらい咲いているのもありました。 染井吉野の満開は29日(金)あたりと予想されていますので、週末には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃の節句2019 篇

2019年3月3日(日)    今日は楽しいひな祭り。折角日曜日と重なったのに、ほぼ雨の一日となり、ちょっと残念。 サトウハチローが「うれしいひなまつり」の歌詞の三番、四番で描いている    金のびょうぶに うつる灯を    かすかにゆする 春の風・・・    春のやよいの このよき日・・・ のイメージは、やはり晴れた穏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古来稀なり 篇

2019年1月31日(木) 今日で1月も終わりです。 年の始まりとしては、日本の株がかなり値下がりしたことと、震える様な寒い日が多かったことで意気消沈したのを、大坂なおみちゃんの全豪オープン優勝が元気づけてくれたと言えますが、さて、猪突猛進の一年となりますかどうか。 我が家の庭の片隅に咲き残っているバラ。冬薔薇(ふゆそうび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more