死ぬまでに・・・2 篇

2021年5月2日(日)     少し前にご近所で咲いていたおだまき2種。 前回は1001シリーズのうち「死ぬまでに見たい映画1001本」について 書きましたので、今回は ”1001 COMICS YOU MUST READ BEFORE YOU DIE" (死ぬまでに読むべきコミックス1001冊)を中心に書きます。…
コメント:0

続きを読むread more

死ぬまでに・・・篇

2021年4月11日(日)     「死ぬまでに・・・」というタイトル ー 一見「終活」についての記事の 様に見えますが、そういう訳ではありません。本の題名です。 ことの発端は、今年の初めに近所の古本屋(ここは結構洋書を置いている)で "1001 Comics You Must Read Before You Die" …
コメント:1

続きを読むread more

あれから10年 篇

2021年3月21日(日) 今月11日は、東日本大震災発生から節目の10年と言うことで、テレビ では特集番組を組んだり、ワイドショー等で当時の津波の映像や福島の 原子力発電所の水素爆発の模様などを放送していました。それらの映像は 何度見ても胸ふたがる思いがします。 皆様も10年前のあの日の記憶を呼び起こしたりされたと思…
コメント:0

続きを読むread more

こんな時金沢夫婦たび 篇

2021年2月2日(火)    どういう訳か今日は節分です。 これまでは、例年2月4日が立春で、その前日と言うことで2月3日が節分でしたが、今年は124年ぶりに1日前倒しとなったとのこと。TVやネットの説明を読むと、天体の運行と暦との微妙なズレから来るらしい。想像するに、例えば閏日(うるう日、つまり4年に一度の2月29日)があっ…
コメント:0

続きを読むread more

・・・筈だった年 篇

2020年12月13日(日)     この2020年もあと2週間と少しで暮れようとしています。 いろいろありましたな。例年この時期になると「あっと言う間の一年でした。」と書きたくなるのですが、今年ばかりは長かった様な気がします。キーワードだけでも、  新型コロナウイルス、ダイヤモンド・プリンセス、WHO、パンデミック、  C…
コメント:0

続きを読むread more

久々の飛び石連休 篇

2020年11月3日(火・祝)   今日は文化の日。飛び石連休最後の日です。 ご存知の様に、昨日の平日を挟んだ両側に休日があることを、日本庭園や小さい川などに配置してある飛び石になぞらえてこの様に呼んでいる訳ですね。 私が子供の頃は日本庭園なんてものは見たことがなく、だから「飛び石」は水切り(川などで平べったい石を投げて何…
コメント:0

続きを読むread more

半年ぶりのコンサート 篇

2020年10月18日(日)     二週間前の10月4日(日)、MUZA川崎シンフォニーホールへ行ってクラシックのコンサートを聴いて来ました。その前に聴いたのは3月21日池袋の東京芸術劇場でだったので、実に6.5ヶ月ぶりでした。 この日の演奏はアウローラ管弦楽団(第23回定期演奏会、指揮:米津俊広氏)で、ロシア音楽を得意とする…
コメント:0

続きを読むread more

再開/再会 篇

2020年8月23日(日)     今日は二十四節気の処暑だそうで、暑さが収まってくる時期とのこと。確かに、昨晩雷雨が降ってから急に涼しくなって、それまでの「これでもか」と言わんばかりの連続猛暑日攻撃は小休止した様に見受けられますが、いつまた残暑がぶり返すか分からず、油断は禁物。このまますぅ〜と秋になる…
コメント:1

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます2020 篇

2020年7月31日(金) 5月末に行った菊名池公園で咲いていたコウホネ。 なぜこういう名前がついたか不明ですが、姿は可憐な黄色い花。 (ただ、それを支える茎はやけに太い。) 今日で7月も終わりですが、梅雨がまだ明けません。 「暑中見舞い」は小暑(7月7日)から立秋(8月7日)の前日までの期間に使われる挨拶、とのことな…
コメント:0

続きを読むread more

疫病退散祈願 篇

2020年6月30日(火)     新型コロナウイルスによる感染症が拡大することへの防止策として宣言された緊急事態でしたが、それが解除されて1か月以上、またTokyo Alert なるものが解除されてから2週間以上が経過し、街に人混みが戻って来ました。 しかし、東京都の感染判明者数はこの数日間50〜60レベルを維持したままで…
コメント:1

続きを読むread more

聖五月 篇

2020年5月20日(水)     今日は二十四節気の小満 ー webで見ると「小満は、日の光がいっそうと強まり、万物が生長し、天地に満ち始める頃をいいます。前年の秋に蒔いた麦の穂が育ち、ほっとひと安心することから『小さな満足 = 小満』となったともいわれています」などと書いてあります。 ところで、俳句の季語で「聖五月」と…
コメント:0

続きを読むread more

来るなウイルス・出るなウイルス 篇

2020年4月26日(日)    今更書くまでもないことですが、新型コロナウイルス感染による肺炎を中心とした病変は世界中に大変な事態を引き起こしています ― この記事を書いている時点で、世界での確認された感染者数約290万人、死亡者数約20万人。 日本でも感染者数が急増したことを受けて、政府が4月7日に緊急事態を宣言し、不要不急…
コメント:1

続きを読むread more

桜隠し2020 篇

2020年3月31日(火)    予報はされていましたが、一昨日の日曜日、前夜からの雨が明け方雪に変わり、うちの方でも結構(と言っても1〜2センチ)積もりました。 家の近くにあるこども園の桜も寒そう。 この、桜が咲く時期に降る雪を「桜隠し」と呼び、俳句の季語にもなっている様です。元々は、上越や東北のローカルな季語だったとの説も…
コメント:0

続きを読むread more

2勝3敗1引き分け 篇

2020年3月4日(水)   ご近所のお寺さんの鐘楼の脇に咲いている緋寒桜。濃い緋色がお寺とミスマッチしている様でマッチしている。 昨日は3月3日、ひなまつりの日でした。 5月5日のこどもの日と違って、残念ながら祝日ではないけれど、日本の多くの児童・生徒たちにとっては思いがけない休日となってしまった様です。新型コロナウィル…
コメント:0

続きを読むread more

冬の大波賞 篇

2020年2月2日(日)     本年も、相変わりませず本ブログを宜しくお願い申し上げます。 ご近所で咲いていた臘梅。馥郁たる香り。 令和2年の1月も、あっと言う間に過ぎてしまい2月に入りました。ついこの間元日を迎えたと思ったら、もうそれからひと月以上が経ってしまった。この期間は、私の意識の中では凄く早かった。 とこ…
コメント:0

続きを読むread more

冬至2019 篇

2019年12月22日(日)   12月に入った時に「ああ、今年もあとひと月だなぁ。」と思ったのですが、その後、何だかぼやぼやまごまごしているうちに、今年も残すところ10日を切ってしまいました。年の瀬が近づくにつれ、時の流れはますます勢いを増していくのでしょう。 それで、今日は冬至。ゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたり、いろいろ…
コメント:0

続きを読むread more

冬が立ちました2019 篇

2019年11月10日(日)   おとといの8日(金)は立冬であり、一の酉の日でもありました。今年の酉の市は8日と20日(水)です。三の酉まである年は火事が多いと言いますが、今年は二の酉までしかないので平穏に済む筈です。どちらの日も土日に重ならないので、お勤めがある方々はちょっと行きづらいかも知れませんが、年に一度のことなので、是…
コメント:0

続きを読むread more

今年限りの祝日 篇

2019年10月27日(日) 今月は、台風19号が日本列島(の主に東半分)に齎した広範囲かつ甚大な災害に胸を痛め、ラグビーワールドカップ日本代表の善戦に歓喜の声を上げ、天皇陛下の即位礼正殿の儀に目を見張った月でした。多分、後々になっても記憶に残る月だったと言えると思います。(TVのワイドショー番組などは、ネタの多さに嬉しい悲鳴だっ…
コメント:2

続きを読むread more

〇〇の秋2019 篇

2019年10月6日(日)     10月に入り、暑い日もあったりしますが、漸く本格的な秋を感じる時期となりました。夜になると虫たちのすだきが賑やかです。 「秋」を形容する言葉やフレーズは沢山ありますね。 「天高く馬肥ゆる秋」を代表として、スポーツの秋、食欲の秋、感傷の秋、味覚の秋、芸術の秋、読書の秋(燈火親しむ候)などなど・…
コメント:0

続きを読むread more