最強寒波襲来 篇

2018年2月1日(木)   

もう2月に入って、正月気分などは「何時のこと?」という感じですが、まずは・・・ 御慶!
今年は戌年とのことで、雪の中でも元気に走り回る犬の様に、活発に過ごしていきたいものです・・・
などと年初めには、のほほんと思っていたのですが、いざ先週来の寒波に見舞われ、実際の冬将軍と対峙してみると ― 東京で40何年ぶりの-4℃だとぉ ― 「寒い、寒い。将軍様参りました。」と言うことしか出来ません。もう、良く分かりましたから、どうぞ、シベリアへでもどこへでもお帰り下さい。

それで、犬ですが、まず日本での知名度が1位か2位か、というお犬様の
画像を。
画像
勿論、渋谷の忠犬ハチ公(のシルエット)です。

それで、その忠犬ハチ公が、知名度1位・2位を争っている相手のお犬様は・・・
画像
お父さん(カイくん?)です。

じゃあ、日本での知名度3位、4位の犬は?
・桃太郎の家来の犬(名前あるのかな?)、とか、
・ここ掘れわんわんのポチ(花咲爺ですね)、とか、
・SONYのAIBO、とか、
・南極に置き去りにされたタロとジロ、とか、
・雪やこんこあられやこんこの歌で庭駆け回る犬、とか・・・
候補はいろいろ考えられます。TV番組でアンケートを取っても良いのではない
かな。

寒い中でも今の時期元気に咲いているのが、
画像
水仙。これは年末に熱海の梅園で咲いていた八重の黄水仙。


前回以降の出来事について以下書きます。

12月24日(日)  
  クリスマス・イヴ。
  娘が料理学校で習いながら作った(焼いた)
画像
  ドイツのお菓子?パン?ケーキ?であるシュトーレン↑を持って来たので、
  それを頂戴する。マジパン入りでまじ美味い。

  この夜、我が家のアドヴェント・カレンダーが完成する。
画像
  クリスマス・ツリーに毎日一つずつフェルト製のオーナメントを吊るして
  いく。大人でも子供でも楽しめる。


25日(月)
  クリスマス・デイ。
  それと全く関係ありませんが、夫婦で熱海へ一泊旅行に行く。
  昼直前に熱海駅に着いたので、早速腹ごしらえ。
画像
  熱海に来たなら、やっぱりこれを食べなくては ー ↑金目鯛の煮付け。

  海岸沿いの道まで降りて、お宮の松と、貫一お宮の像にご挨拶。そのまま
  海沿いに歩くと、ジャカランダの公園に着く。ジャカランダは大好きな花
  なので、咲いている時に是非再訪したい。
  宿舎が来宮駅のすぐそばにあるので、そこまで歩く。
  ここまで来たら、来宮神社にお参りしなくては。その来宮神社に来て
  みると、どういう訳かやけに中国・韓国からの旅行者が多い。何か
  その人たちへのご利益があるのかな?
  ここの名物は、樹齢千年と言われる大銀杏。
  その近くで、生命がけの戦いを目撃した。
画像
  おじさんと猪の対決。
  それまでの経緯が全くわからないのだけれど、川の中に猪がいる。猪は
  右の後ろ足を怪我している様でそれを使えないながら、おじさんの方へ
  にじり寄って行く。おじさんは、長い棒(その先っぽに金属がついている)
  を振り上げており、その届く範囲に猪が入ったら、振り下ろす構えだ。
  もうすぐその範囲に入る、と思ったときに、それ以上見るに忍びなくて、
  私はその場を離れる。その直後、ガツッという音が響いたので、
  おじさんが勝ったと思うのだけれど、それを確かめる術はない。

  まだ時間があったので、梅園まで歩く。12月下旬なので、園内は寒々と
  していて、梅の花は数十本に1本の割合でしか咲いていない。それも
  1〜2分咲き程度。梅園内の諸催しも、1月中旬から始まる様だ。

  宿に入り、久々の熱海の温泉にどっぷり浸かる。1年の疲れが取れる
  様だ・・・って、あまりにベタな言い方ですね。


26日(火)
  早々に帰京して、カミさんは句会に参加。当方は、帰宅してみゃぁー
  みゃぁー怒っている猫たちに食事をやる。


31日(日)
  今では恒例となった、一家四人での大晦日の「かに道楽」ランチを開催
  する。長女の旦那が風邪気味とのことで参加が叶わず、残念。

  夜、紅白を横目で見ながら、2017年最後のブログ記事を完成し
  アップロードする。ふう〜。


2018年1月1日(月)
  御慶!(え?どこへ?ちょっと恵方参りへ行ってきた。)


3日(水)
  風が強い。3日目となると、お節もちょっと飽きてくるので、
  お好み焼き屋なぞに行く。
画像
  これはもんじゃ、です。(形がちょっとオーストラリアみたいですが。)
  昔は文字焼きと呼んでいたのが、訛ってもんじゃになったとか。
  だからもんじゃ焼き、と言うのは、馬から落馬、みたいにダブって
  おかしいのだそうだ。


4日(木)
  この日、久々の休肝日。年末年始良く飲んだなあ。


5日(金)
  この日、BSだかCSだかの日本映画専門チャネルで、昔のNHKの
  向田邦子ドラマ「阿修羅のごとく」と「あ・うん」を一挙放送する。
  当方、この二つを、昭和のTVドラマが到達した最高レベルの作品だ
  と思っているので、録画する。一部を見たら、画面は荒いけれど、
  さすがに面白いし、出演者がみな達者だ(役者が巧いという意味
  だけど、元気で生きている、という意味も兼ねる)。


6日(土)
  昼過ぎ、錦糸町のすみだトリフォニーホールへ行き、アウローラ
  管弦楽団の第18回定期演奏会(指揮:米津俊広氏)を聴く。
  演奏曲目は
    チェレプニン         遠き王女の為の前奏曲
    リムスキー=コルサコフ  歌劇「サルタン皇帝の物語」組曲
    チャイコフスキー      交響曲第6番ロ短調「悲愴」
  ニ曲目、リムスキー=コルサコフで「サルタン」と言うので、
  てっきり「シェエラザード」的な作品かと思ったら、全然違った。
  サルタン皇帝は、古代ロシアの国の皇帝の名前とのこと。
  リムスキー=コルサコフらしいオーケストラーションが冴える佳曲。
  こういう曲があることを知ったのが大収穫だった。


7日(日)
  大学ラグビー、帝京vs明治をTV観戦する。大逆転で帝京が9連覇
  を達成する。帝京強し


Nick@外は雨。今晩真夜中ごろからから雪に変わるとか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック