重陽の節句2019 篇

2019年9月9日(月)    

今日は重陽の節句です。
「ああ、重陽の節句ね。・・・ん? 重陽の節句って何だっけ?」と仰る方も多いことでしょう。

Wikipedia等によると、五節句の一つで、もともとは陰陽思想で陽の数である奇数の(その中でも一桁で最大である)九が重なる日で不吉なので「重陽」と呼ばれてその邪気を払う行事が行われていたけれど、後年、陽の重なりは吉であると考え方が変わって、それを祝う行事が行われるようになったとのこと。旧暦では菊が咲く時期なので、菊の節句とも呼ばれるらしいのですが、今の暦ではまだまだ残暑厳しく、露地では菊の花など見当たらない。月遅れで考えても、菊の花には早いのではないか。これも地球温暖化の影響ですかね。

重陽の節句の行事としては、菊の花弁を浮かべた酒を酌み交わして祝うというのもあった由ですが、スーパーで一年中売っている菊の花を買ってきてそれをやろうという気にもならない。九月には、これから十五夜(中秋の名月)とか、敬老の日、お彼岸(秋分の日)などがあって、行事や風習には事欠かないので、まあ重陽の節句はスキップしても良いだろう、と言うことにどこかの時点でなったと推測しますが、その他の四節句(桃の節句とか)は今でも祝われるのに、重陽だけが忘れ去られてしまったのがちょっと可哀想。何とか復活させる手立てはないものか。でも、結局ビジネスに結びつく要素が少ないことが障壁になるのでしょうね。デパート、スーパー、小売店で関連商品が売れる状況はあまり考えられない。(そもそも関連商品って、菊の花以外に何があるの?)

前回以降の出来事について書きます。

8月2日(金)
 朝、病院へ行き、定期通院の内科の診察を受ける。
 その後、カミさんと待ち合わせて、恵比寿ガーデンプレースへ行き、
 世界報道写真展を観覧する。この世界、自分が知らないところで、
 悲しいことや酷いことが沢山起きているのを痛感させられる。
 面白い写真もいくつかあったことがせめてもの救いだった。

3日(土)
 チケットを戴いたので、夕方横須賀へ行き、戦艦三笠の艦上から打ち上げ
 花火を観覧する。それで、花火をデジカメでバシャバシャ撮ったのだけど
 大失敗。
横須賀花火2019a.JPG カメラの「花火」設定を良く理解していなかったため、この様な手ブレの
 画像ばかり。次回からは三脚か一脚を持参しよう。それでも、手ブレや
 大ブレが大きい写真はものによっては却って面白い視覚効果が出ている。
横須賀花火2019b.JPG 例えば、これなんか。

5日(月)〜6日(火)
 この月・火は、はとバスの一泊二日のツアーを利用して、裏磐梯方面へ
 行ってきました。主な訪問地は、
  ・会津田島から会津鉄道に乗って、塔のへつりで降り、奇岩を見学
  ・大内宿(茅葺き屋根が多い宿場町)を散策
  ・芦ノ牧温泉で一泊
  ・もも狩り(一応食べ放題だけど、食べたのはせいぜい3個)
  ・桧原湖をモーターボートで遊覧(オプション)
  ・五色沼散策
  ・猪苗代道の駅でお土産を買う

 写真をいくつか貼ります。
塔のへつり.JPG 塔のへつりの吊り橋と奇岩

大内宿柿パフェ.JPG 大内宿の柿シャーベット+アイス

福島の桃.JPG 福島の桃

五色沼a.JPG 五色沼の一つ。何沼か分からない。奥に見えるのが磐梯山。

五色沼b.JPG その近くの道で我々の前をうねって通り、藪に入っていった蛇。

五色沼c.JPG五色沼からもう一つ。神秘的な雰囲気がある。

福島の酒.JPG 自分へのお土産に買った「福島の酒、5種類飲み比べ」

7日(水)
 夕方、元の勤め先の先輩。同僚と田町で暑気払い。

10日(土)
 昼過ぎ、池袋の東京芸術劇場へ行き、ジュニア・フィルハーモニック・
 オーケストラによるサマーコンサート2019(指揮:キンボー・イシイ氏)
 を観覧する。曲目は
  R.シュトラウス   交響詩「ドン・フアン」
  テレマン      ドン・キホーテのブルレスケ
  R.シュトラウス   交響詩「ドン・キホーテ」
 若者たちの溌剌とした演奏を気持ちよく聞きました。

12日(月)
 御巣鷹山34年。

14日(水)
 カミさんが数ヶ月前から区役所に依頼していた、オレオレ詐欺撃退用の
 通話録音機が漸く用意できたとの連絡があり、当方が引き取りに行く。
 通話を録音する機能は今の電話機でもあるけれど、この機械だと最初に
 (電話が鳴る前に)「録音しますよ」と相手に告げるのが効果がある
 らしい。

15日(木)
 次女が夏休みで家に来たので、三人でランチをしようということになり、
 電車で2駅離れたところにあるしゃぶしゃぶ食べ放題の店に行く。久し
 ぶりに腹一杯食べて、うつむくのが苦しい。

17日(土)
 夕方、三軒茶屋から世田谷線で松蔭神社前へ行き、世田谷区民会館へ
 辿り着く。ここで、
松山バレエ1.JPG 松山バレエ団の公演「オリンピア・オリンピア・オリンピア」を観覧する。
 オリンピックやその精神ををテーマにしたショート・ピースを多数集めた
 舞台。私が尊敬する三女性の一人、森下洋子さんも出演し・・・
松山バレエ2.JPG 終演後、来場者にご挨拶。


Nick@昨夜は台風15号の暴風雨(の音)に驚かされる。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント