今年限りの祝日 篇

2019年10月27日(日)

今月は、台風19号が日本列島(の主に東半分)に齎した広範囲かつ甚大な災害に胸を痛め、ラグビーワールドカップ日本代表の善戦に歓喜の声を上げ、天皇陛下の即位礼正殿の儀に目を見張った月でした。多分、後々になっても記憶に残る月だったと言えると思います。(TVのワイドショー番組などは、ネタの多さに嬉しい悲鳴だったのではないかと推察します。おまけに経産大臣辞任なんてのもあったし。)

それで、先週火曜日は即位礼正殿の儀の日とのことで、今年限りの祝日でした(5月1日と同じですね)。
その日、午前中は残念ながら雨で肌寒かった(温帯低気圧に変わった台風20号の名残り)のが、丁度天皇が高御座に上られる頃に雨も上がり、うっすらと青空も見ることが出来たのは幸いでした。(ところによっては虹が見えたそうな。)

天皇が即位を宣明されたこの日にこそ、各家の門前に日章旗を掲げるべきなのだろうけれど、国旗を持っている家があまりない・・・ので、ご近所を見回してみても国旗を掲揚している家が殆どない。我が家にもない。散歩がてら見に行ってみたら・・・
◎一般の家: ご近所でニ軒だけ掲揚している家があった。
日の丸一般.JPG
 そのうちの一軒で翩翻と翻る日の丸。
◎交番: 
日の丸交番.JPG
 交番では、さすがに掲揚している。
◎小学校・中学校: ない(折角、校庭には掲揚のポールがあるのに)
 一駅離れたところに国立大学があるのだけれど、見に行かなかった。
◎病院: ない
◎スーパーマーケット: ない
◎私鉄の駅: ない
◎コンサートホール: ない
◎バス: 以前はフロントグリルに小さい旗を二つクロスして付けている
 のを見かけたものだけど、近くを走る東急バスはつけていない。
 以前見たのは都バスだったのかなあ。
◎電車: ない
◎商店: ない
◎パチンコ店:
日の丸球戯.JPG
 掲揚している! でも、これは店名に因んでなのかも知れない。
 もしかしたら、毎日掲揚しているのか?

ラグビーW杯の試合では、皆さん千切れーるーほーどーに振っていたり、顔の片頬(あるいは両頬)にペイントしていたのに、スポーツ競技(の国際試合)でなければ、日の丸には別に興味がない、という訳?

なお、上記はあくまでうちの近所での話であって、日本国中そうだと言うつもりはありません。まあ、いずれにせよ「旗日」と言う言葉はほぼ死語ですね。

前回以降のイベントについて下記します。

9月4日(水)
 昼過ぎ旧友 Y 君と有楽町で待ち合わせ、カラオケ。

5日(木)
 昼過ぎ、初台の新国立劇場の小劇場へ行き、
リハーサルのあとで.JPG

 地人会新社公演「リハーサルのあとで」を観る。イングマール・
 ベルイマン作の、榎木孝明、一路真輝、森川由樹による印象的な
 三人芝居。

6日(金)
 夕方、サントリーホールへ行き、
日本フィル_713.JPG

 日本フィルハーモニーの第713回定期演奏会(指揮:山田和樹氏)を聴く。
 演奏曲目は
  サンサーンス  歌劇<サムソンとデリラ>よりバッカナール
  間宮芳生    ヴァイオリン協奏曲第1番
  大島ミチル   Beyond the point of no return
  ルーセル    バレエ音楽<バッカスとアリアーヌ>第1第2組曲
 さすが日フィル+山田=安心して聴いていられる。山田和樹さんのプレ
 トークも良かった。大島ミチルさんは先日NHKFMのクラシック番組に
 出ていたので、Beyond... も興味を持って聴くことが出来た。

7日(土)
 午後一、錦糸町で知人の米〇さんと待ち合わせ、すみだトリフォニーで
 足立シティオーケストラの第62回定期演奏会を聴く。曲目は
  シューベルト  交響曲第7番「未完成」
  マーラー    交響曲第1番「巨人」
 指揮の汐澤安彦さんは、どちらの曲も暗譜で振られた。力の籠った
 演奏にブラヴォー!

8日(日)
 就寝後、台風15号が関東を直撃し暴風雨が吹き荒れる。我が家も
 揺れる。
根こそぎ中根.JPG

 近くの公園で根こそぎ倒された二本の木。これ以外にも枝が裂けた
 木があった。

11日(水)
 朝一で豊島園のスーパー銭湯へ行く。アカスリで夏に溜まった垢を落とす。

12日(木)
 珍しく涼しい日。

13日(金)
 十五夜だったけど、月はほとんど見られない。

15日(日)
 午後一、後楽園近くの文京シヴィックホールへ行き、ウィンクルム
 フィルハーモニー管弦楽団の第5回定期演奏会(指揮:佐々木新平氏)
 を聴く。演目は
  ワーグナー     歌劇「リエンツィ」序曲
  リスト       交響詩「レ・プレリュード」
  マーラー      交響曲第1番「巨人」
 8日間で2回マラ一を聴いたので、マーラーも悪くないと思い始めた。

16日(月・祝)
 この日は敬老の日。
 午後一、川崎MUZAへ行き、近衞樂友会オーケストラの第10回定期
 演奏会(指揮:中濵圭氏)を聴く。演奏曲目は
  レスピーギ    交響詩「ローマの松」
  近衞秀健     マーチ集「平成の四季」
  ムソルグスキー  組曲「展覧会の絵」
           (近衞秀麿編曲版およびラヴェル編曲版に基づく)
    アンコール    宝島

17日(火)
 大学同期の四人で隔月にやっているカラオケに参加する。
 終わった後は勿論飲み会。

18日(水)
 大学同期、会社も同期の戸〇くんと会食。

19日(木)
 朝、大井町のきゅりあんホールへ行き(何を今頃!ですが)
ルイスと不思議の時計.JPG

 映画「ルイスと不思議の時計」を観る。折角のケイト・ブランショット
 出演作だけど、お子様向けが否めない。 
 夕方、サントリーホールへ行き、
蘇州民族管.JPG

 蘇州民族管弦楽団の演奏会を聴く。このオケは、メンバーの演奏する楽器の
 大半が中国の古典楽器。つまり ― 高胡、二胡、中胡、柳琴、揚琴、琵琶、
 曲笛、拍笛、新笛、チャルメラ、笙、堂鼓、打鼓、打鈴、銅鑼など。
 チェロ、コントラバス、ティンパニーなどの西洋楽器もある。これらは
 中国古来の楽器では代用できない、のかな。演奏曲目は大半が中国の曲。
 チャイコフスキーが1曲混じっていた。もう少しこのオケが西洋の曲を
 どの様に料理するのか聴きたい気もした。

21日(土)
 この日、下痢&発熱。大概のものを一緒に食べているカミさんは
 何ともないので、原因が分からない。

22日(日)
 体温は、朝38℃になったのをピークに徐々に下がる。起きる元気が
 出ないので、飯も食べずに寝ていた。この日、都民響を聴きに行く予定
 だったけど、当方諦める。カミさんのみ聴きに行き、とても良かったと。

23日(月・祝)
 秋分の日。漸く元気になる。
 長女の誕生会で、割合最近近くに開いた資生堂パーラーへ行く。
資生堂オムレツ.JPG
 病み上がりの私は、自重してオムライスにする。アルコールも摂らず、
 結果的に3日連続の休肝日となる。7月の検査入院の前後も休肝した
 ので、今年は空前絶後の年となる。

24日(火)
 お通じが漸く普通になった。

25日(水)
 次女に頼まれて、NTTの光回線開通に立ち会うため横浜にある彼女の部屋へ
 行く。工事はNTTの下請けのガテン系のお姐さんが来て行った。昔からの
 アナログ回線が通じている部屋に、MDF(主分電盤)からどうやって
 光回線を通すかのテクニック(「行って来い」と呼ぶらしい)を見せて
 もらえて面白かった。

26日(木)
 カミさんと長女が日比谷の宝塚へ行く。当方、留守番。

27日(金)
 知人米〇さんのお誘いを受け、神保町の一ツ橋ホールで
ジョン_ウィック2.JPG
 映画「ジョン・ウィック パラベラム」の試写会を観る。
 ガンガン銃器を使ってガンガン人を殺す映画だ。(多分、
 延べ数百人は殺されたのではないか)。

28日(土)
 ラグビーW杯の予選プール。アイルランド12ー19日本。
 アイルランドに勝てるなんて。あっぱれぇ!

29日(日)
 消費税UP前の最後の日曜日。
 増税前に買っておくものが思い浮かばず、せいぜいこれかな、と、
 プリンターのインクを2セット購入する。(購入価格約1万円、
 これで200円の節税だ。)

 夕方、錦糸町のすみだトリフォニーホールへ行き、「ブルガリアン・
 ヴォイス、アンジェリーテ(グループ名)」の来日演奏会を聴く。
ブルガリア.JPG
 ホールのロビーには、ブルガリア各地のカラフルな民族衣装が
 展示されている。
 アンジェリーては、クラシック的な合唱と異なり、地声で倍音
 や差音を活かつつ微妙なハーモニーや不協和音を作り出して
 独特のサウンドを生み出す。普段聴けないものを聴いた感じ。

30日(月)
 昼前に銀座一丁目のイタリアンレストラン、トラットリア・
 バルレッタへ行き大学同期四人での食事会に参加する。味良し。
バルレッタ.JPG
 食後の腹ごなしでお浜離宮へ歩き、園内を散策する。少し汗ばむ
 くらいだけど良い天気で、参加者の日頃の行いの良さが伺われた
 (・・・って、自分で言うんかい)。


Nick@100年に一度、数十年に一度の(筈の)災害が、今後は
毎年襲って来るのではないかと心配だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ゴロミィ
2019年10月28日 09:03
六十年程前、町内会で祝祭日には国旗を掲げましょうということで、各家に日の丸が配られた(多分、買わされた)が、両親が旗を出すのを嫌がっていた記憶がある。戦時中の日章旗を思い出すからでしょう。我が家の日の丸も長く見かけないし、翩翻と翻る日章旗は死語だな。
まーちゃん?めぐちゃん?
2019年11月01日 09:48
お身体は宜しいのでしょうか?
昭和から平成に代わるとき、知人のアパートからバズーカ砲を撃つと
大喪の礼に丁度いいので、と警察?の方が調べに来たのを思い出しました。
災害も人災も無く、本当の意味での平和があると良いですね