暑中お見舞い申し上げます2020 篇

2020年7月31日(金)

コウホネ2020.JPG
5月末に行った菊名池公園で咲いていたコウホネ。
なぜこういう名前がついたか不明ですが、姿は可憐な黄色い花。
(ただ、それを支える茎はやけに太い。)

今日で7月も終わりですが、梅雨がまだ明けません。
「暑中見舞い」は小暑(7月7日)から立秋(8月7日)の前日までの期間に使われる挨拶、とのことなので・・・まだ間に合うぞ。
それでは皆様、えへん(胸を張って)、暑中お見舞い申し上げます

・・・と言っても、昨日今日はあまり暑くなくて、お見舞いを申し上げる必要がない感じですね。それよりも、今年は「雨中お見舞い」とか「豪雨お見舞い」と言った方が良い天候です。勿論、毎年6月から7月半ばにかけては梅雨の時期なので、ある程度雨が降るのは仕方がない(雨が降らないと水瓶が干上がり、それはそれで夏の水不足に繋がってしまう)のですが、最近のように線状降雨帯が同じところに居座って降らし続けるのには本当に困ります。熊本県を初め、岐阜県、長野県、山形県等被害に遭われた各県の皆さまに心からお見舞い申し上げます。

ところで、以前の勤め先の先輩から勧められて、時々NHKラジオの「古典講読」を聴きます。今放送されているのは菅原孝標女の書いた「更級日記」で、加賀美幸子さんによる朗読と、講師の島内先生の解説がそれぞれ絶品で聴き応えがあります。今回のコロナ騒動のため4月後半から6月初旬にかけて中止していたのが、6月13日に新規の放送が再開されて初めての第7回の冒頭、島内先生から下記二つの古語の説明があり、興味深く聴きました。
・世の中心地(よのちゅうしんち、ではなくて、よのなかごこち)
 流行病(はやりやまい)、疫病のこと。
 日本の古代・中世にも流行病が蔓延した訳で、当時の医療水準を
 考えると、ただただ恐れ、あとは神頼みするしかなかったでしょうね。
・直屋隠り(ひたやごもり)
 ひたすら家に閉じこもること。
 これは、必ずしも疫病が猛威を振るった際のステイホームに限らない
 様です。昨年までの日本であれば、どちらかと言うと、引き籠もりの
 ケースについて使われたであろう言葉ですね。

また別の話。先日、近所のスーパーへ行ったら、普段その店では見かけない商品をいくつか見つけたので、まとめて買ってきました。
Crown Lager他.JPG
台になっているのがフォーチュンクッキーが30個入ったパック。安目の中華レストランのデザートに出てきたりしますね。
上に乗ったボトルのうち、真ん中がオーストラリアのビール Crown Lager 。
私が現地に駐在していた頃に、日本人に一番人気があったビールです。
久しぶりに飲んだら、同じ味(当たり前だ!)で懐かしい。
右側は TUSKER と言う名のケニア産のビール。TUSKER とは牙を持つ獣で
この場合は当然アフリカ象を示しています。自称アフリカNo.1のビール。
飲んでみたら、悪くないけどすごく旨いわけでもない。
最後の左側の赤いボトルは、Cosmoという飲み物。ラベルを読んでみたら
コスモポリタンというカクテルを瓶詰めしたものと(イギリス産)。
ウォッカベースでクランベリージュース(これで赤くなる)とライム
ジュースで割っているそうです。飲んだら結構いける。

前回以降の出来事について書きます。

6月2日(火)
散歩に戸越公園へ行く。大井町線で戸越公園駅を通ることはあったのだけど、実際の公園に行くのは初めてだ。
戸越公園.JPG
肥後国藩主細川家下屋敷の庭園跡だとのことで、↑ この様な、趣のある景色にお目に掛かることが出来る。

ひたやごもりのために、髪が随分伸びた。総量は非常に少ないのだけれど、あるいは少ないだけに、上の方があまりなくて、裾の方が伸びているのはとてもアンバランスに見えてみっともない。と言うことで、午後久しぶりに床屋さんへいく。すると、同じ様な状況の人が多いと見えて、沢山並んでいる。仕方なく、本を読みながら待つ。結局、小一時間待たされたけれど、終わると頭がさっぱりして気持ちが良い。

4日(木)
碑文谷公園へ散歩に行く。
昼頃帰宅すると、郵便で「特別定額給付金申請書」が届いている。

5日(金)
久々に、以前の勤め先での友人、Fさんの主催するランチ会に参加する。
場所は Coredo室町1 に入っているイタリアンのお店。なので、久々に
都心へ電車に乗っていく。時間が早かったので、銀座駅で降りて日本橋
まで歩く。
日本橋の獅子2020.JPG
日本橋の獅子像に会うのも久しぶり。
歩いている途中、人々が群れているとちょっとどきどきする。
Almaviva&Michaels.JPG
この日のハイライトは、Fさんの持参した Michael's Shiraz と Almaviva。
Michael's も良いワインなのだけれど、Almaviva の敵ではなかった。
帰りがけに、東京駅構内の日本酒店に寄ったけど、閉店していた。
(コロナの影響で売上高が激減したので、やめちゃったのかなあ。)
ちょっと高いけれど、飲んでみたい日本酒の銘柄がたくさん置いてあった
ので、とても残念。

給付金の申請書に必要事項を記入する。注意して「要りません」の箇所にレ点を入れない様にする。銀行通帳等、必要なもののコピーを取る。

6日(土)
朝一で申請書を投函する。月曜日には届くな。それからどれ位
掛かって銀行口座に振込まれるのかな。2週間位であって欲しい。

7日(日)
アンサンブル・ジュピター(アマオケ)のコンサートの予定だった
けど中止。

9日(火)
大学同期の3人でカラオケ@青葉台。大きい部屋で social distance をとり、
時々ドアを開けて換気しながら歌う。自分が歌う時以外はマスクをする。
(そうまでしてカラオケ🎤をしたいか、と言われそう。)

10日(水)
家から30分くらい歩いたところにある日本料理の木曽路へ行き、弁当を
買って帰ってくる。(Uberお父さんやってます。)

11日(木)
Tokyo Alert が解除される。
丸サボテンの花2020.JPG
我が家のベランダで咲いたサボテンの花。

14日(日)
この日、吹奏集団「風の和」のコンサートに招待されていたのだ
けれど、コンサート自体が延期される。残念だけどしょうがない。

15日(月)
豊島園庭の湯へ行く。久々にアカスリをして貰いボロボロ垢が出る。

17日(水)
高校以来の友人、山○くんと八重洲北口で待ち合わせ、昼ご飯+
昼のみ。

19日(金)
プロ野球が漸く開幕する。無観客のスタンドに球音が寒々と響く。

21日(日)
この日、父の日。何もなかった。

24日(水)
カミさん句会に参加。当方はデパートへ行きお中元を手配する。

25日(木)
図書館がある程度以前のサービスに戻した、とのことで、行ってみる。
久々に書庫に入れて嬉しい。

29日(月)
この日、給付金が銀行口座に振込まれる。申請書が区役所に届いたのが、
8日(月)とすると、丁度三週間かかって給付されたことになる。それが
早かったのか、遅かったのか。決して早くはないけれど、日本のお役所仕事
と考えれば、そんなものかな、と思える。


Nick@東京都では本日の感染者数463だと。感染者数が東京のみならず
   全国レベルで増えてきた。羊の如く従順な(大半の)日本国民は、
   その性質を活かして(強制されなくても「自粛」して)何とか
   第一波を乗り切った。さあ、第二波到来にどうする?



これ以降は Nick の勝手なつぶやきです。愚痴みたいなのが多くてあまり
面白くないと思うので読まなくて良いです。

2020年6月某日

6月4日の木曜日、特別定額給付金の申請書が漸く郵便にて届きました。
給付不要の欄に tick を入れない様に十分注意をしつつ用紙に記入し、投函
しました。これで、どれくらいの日数で銀行口座に振込まれるのかなあ。

千葉県に住む私の友人 ーマイナンバーカード等を持っているー が
5月1日にWebで申請したら、15日に振り込まれた、と言っていたので、
オンライン申請で約2週間か。郵送の場合には更に時間が掛かるのだろう
けれど、29日(つまりオンライン+7日)くらいでやってくれないと。

ともかく、TVで見聞きする諸外国の対応と比べて実に遅い。
給付金について政府が閣議決定し、国民に意思表示をしたのが4月
20日、その財源としての補正予算が国会で承認されたのが30日。
それから1ヶ月以上掛かって申請書が郵送されて来るってどうよ。
我ら夫婦は現役を退いているので、1ヶ月掛かったからと言ってひどく
困ることはないけれど、本当に必要としている、特に若い世代の人たち
 ー 派遣を切られた人、バイトやパートをクビになった人、自粛を余儀
なくされて臨時休業した店舗の従業員、出来高や歩合制で収入が激減した
人たち ー にとっては1週間か、1ヶ月か、2ヶ月かは死活問題だろう
と思う。ともかく、早く振り込んで下さい。

こういう時に、政治家やメディア関係者が良く使う言葉「スピード感を
もって・・・」ってどういう意味? スピード感? 感?
どうして「早く」とか「速く」とか、具体的に「○日以内に振り込め」
とか言わないの? この後、実際どれくらい日数が掛かったか検証する
つもりもないのだろうなあ。

PCR検査についても、目標の検査数に達しない時の言い方「目詰まりを
起こしている」にも違和感を禁じえない。目詰まりって何よ。
いやあ〜、トップは指示しているんだけれど、実行部隊が、システム等の
不具合や方式の不効率などで本来の output を出せないでいる様なので、
それを改善して欲しいですね・・・などと他人事の言い方に聞こえる。
具体的にどこが問題なのだ、何が滞らせているんだ、もし隘路・ボトル
ネックがあるとしたらそれはどこだ、それともそもそも能力不足の問題
なのか。それとも capacity の問題なのか。それを明確にして問題解決
するのがリーダーとか責任者のやるべきことではないのか。

などと、ついつい文句を言いたくなるのも自粛疲れのせいかな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント