再開/再会 篇

2020年8月23日(日)    

今日は二十四節気の処暑だそうで、暑さが収まってくる時期とのこと。確かに、昨晩雷雨が降ってから急に涼しくなって、それまでの「これでもか」と言わんばかりの連続猛暑日攻撃は小休止した様に見受けられますが、いつまた残暑がぶり返すか分からず、油断は禁物。このまますぅ〜と秋になる訳もなく、もう1,2回は残暑の逆襲を覚悟しておく必要があると思われます。

その猛暑を含めて、今夏日本国民を苦しめている三重苦(猛暑、豪雨、コロナ)のうちの新型コロナウイルスですが、相変わらず感染者数が高止まりしていて、収束の気配が感じられません。一説にはただ今第二波の真っ只中、とも聞きますし、ピークは過ぎた、と言う人もいます。どちらが正しいにせよ、我々庶民(の年配者)は君子危うきに近寄らず ― 出来るだけ三密を避け、マスクをし、手洗いを励行し、移さず移らずを目標に生活していくしかありません。それ以外に出来ることは、そう、神頼み。寺社に参拝して「疫病退散」「早期終息」を祈願するのみ。

そんな中で、緊急事態宣言を受けて閉館していた美術館・博物館は徐々に再開を始めていて、観覧者による密を避けるため、入館の時間帯を分けて予約を受け付けているケースが多い様です。展覧会は様々企画されていますが、今年最大の目玉の一つ、ロンドン・ナショナル・ギャレリー展が国立西洋美術館で10月18日まで開催されています。もともと3月3日〜6月14日の会期だったのがコロナの影響で後ろにずれたもの。展覧会によっては完全に中止となったものや、会期途中で閉館しそのまま終わってしまったものもあったので、ずらしての開催は美術ファンとしてはありがたいところです。それで、当方、8月6日に大学同期の Yassheeさんと同展を見てきました。
ナショナルギャラリー展.JPG
今回の展覧会では、上の看板が示す通り一番の注目はゴッホの「ひまわり」、それにフェルメールの「ヴァージルの前に座る若い女性」やレンブラントの「34歳の自画像」、モネの「睡蓮の池」などが加わって、傑作・名作が61点来日している。
こんなに沢山日本に来てしまって、本国では大丈夫なのか?と気になりますが、心配は全く無用。
・同美術館のコレクション全体で2,600点以上ある。
・ナショナル・ギャラリーのホームページに Highlights from the collection と題して30点が紹介されている。(以前は、Must See 20点という紹介だったと記憶しているけど。)それで、その30点のうち Not on display(今展示していません)と注記してあるのが4点。日本に来ているのがそのうちの2点で、上記「ひまわり」とレンブラントの自画像。なので、日本での展覧会が本国に影響を与えているのは2/30で、まあ1割に満たない。Highlights には、他に
・レオナルド「岩窟の聖母」
・フェルメール「ヴァージルの前に立つ若い女性」(所蔵2点の片割れ)
・ヴェラスケス「鏡のヴィーナス」
・コンスタブル「乾草車」
などなど、まだまだ傑作が目白押しで、どうということはない。ただ、「ひまわり」は別格(ギャラリーでも広い場所に1点で展示)だから、それを見たくてギャラリーに行った人は残念でしょうね。逆に、この時期日本では(いや、東京では)「ひまわり」が上野と新宿(SOMPO)の2箇所で同時に展示されていて、当地の美術ファンとしてはちょっと良い気分。しかし、これだけ「ひまわり」に人気があるのを描いた本人Vincentに見せてやりたかったなぁ。

実は私、丁度2年前の8月、英国旅行の際に同美術館を見学し、施設の規模の大きさ、コレクションの膨大さに圧倒されました。高校の美術の教科書に載るレベルの作品群がところ狭しと展示され、あたかも西洋美術史が(それも実物で)眼前に繰り広げられている、の感がありました。その時お目にかかった作品たちと2年後上野で思わぬ再会を果たすことが出来て嬉しいことこの上ない次第でした。

前回以降のイベントについて下記します。
7月1日(水)
半夏生。
溝の口のイタリアン、ビストロE にて大学同期有志4人でランチ会。
レストランで食べるのも久しぶり。

5日(日)
都知事選投票日。予想された通り現職が再選される。

7日(火)
七夕で二十四節気の小暑。
この日の晩、牽牛織女を見た記憶がない。多分曇っていて見られなかった
のだと思う。

9日(木)
散歩の途中、大岡山の王将で焼餃子を買う。
棋聖戦第3局。渡辺棋聖が勝ち、藤井七段の2勝1敗となる。

13日(月)
お盆の入り。カミさんの母親の新盆だ。

14日(火)
棋聖戦第4局をネットの中継で途中まで見る。その時点で藤井君が敗勢
だったので、だめかなと思っていたら、驚異の逆転勝ちとなった。これで
3勝1敗となり棋聖位に王手

15日(水)
高校以来の友人山○くんと昼のみ・・・のつもりで東京駅で待ち合わせを
したのだけれど、有楽町付近で京浜東北線の人身事故のため同線も山手線も
止まってしまった。そのため当方は生まれて初めて「高輪ゲートウエイ駅」
で降りる。
高輪ゲートウエイ駅.JPG
外光をふんだんに取り込んだ明るい新駅だ。
そこから泉岳寺駅まで歩き、都営浅草線で宝町まで行き、徒歩で京橋を
越えて東京駅にたどり着く。遅れて到着した山○くんと黒塀横丁にある
銀座ハゲ天の天ぷらで一杯やる。うまい。

16日(木)
お盆明けの日。
盂蘭盆会2020.JPG
送り火を焚く。毎年そうだけど、おぎのやさんの峠の釜飯の器の
お世話になる。
この日、棋聖戦の第4局。この日も勝って4勝1敗。藤井新棋聖誕生。
おめでとう

18日(土)
20〜30分歩いて、区立のコンサートホールへ行き、クラシック系の
フリーの雑誌を貰う。今月もコンサートご招待はほとんどない。今の
状況下、残念だけど仕方がない。

21日(火)
土用の丑の日。世間はこの日にうなぎを食べるかも知れないけれど、
我が家はまた別の機会に。

22日(水)
カミさんの句会の日だけど、集まるのはなしで、メールによるリモート
句会となる。メールのやり取りで私もお手伝いする。

23日(木・祝)
海の日。

24日(金・祝)
スポーツの日だそうな。幻の五輪開会式の日。

25日(土)
この記事の冒頭に述べた展覧会のチケットをゲットする。初めネットで購入
しようとやっていたのだけれど、なかなかアクセス出来ない。説明を読んで
いたら、ファミマでも買えると分かったので、近所のファミマへ行き、
そこの端末ですぐ購入できた。何だ、最初からこうすれば良かったのだ。

26日(日)
たまにはちょっと旨いものを食べようと、昼食用に木曽路の弁当を購入する。
木曽路弁当.JPG
久々に家族四人が集まって舌鼓をうつ。

28日(火)
大学同期有志4人でのカラオケ会🎤。感染防止の工夫がある程度なされる。
・大きめの部屋で、お互いに離れて座る。
・しばしば、ドアを開けて換気に努める。
・店からマイク用の消毒スプレーを提供される。
・店から使い捨てのマイク・カバーを提供される。

31日(金)
この日は、日比谷公園を散策しよう、と言うことになり、朝のラッシュが
済んだ頃夫婦で出かける。久しぶりのバラ園や噴水などを楽しむ。11時
過ぎになったので、少し早いけど昼食を摂るため
松本楼1.JPG
園内の松本楼へ行く。

松本楼2.JPG
私はオムライスに選べる2種類のソース+サラダ。ソースはやはり
松本楼と言ったらのカレーと、海老と帆立のトマトソース。うむ、美味。
ウイークデーでも12時前に混んでくるので11時半前に行って正解だった。

Nick@明日からまた暑くなると予報で言っている。もういいよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ゴロミィー
2020年09月08日 18:20
松本楼は、サラリーマンだった頃、昼飯を食べに時々行きました。以来、何十年か経ちますが健在な様子。
そういえば、日比谷焼打事件の時も無事だったですね。