立冬 篇

2011年11月8日(火)   

画像
近所の幼稚園でなっている柿の実。真っ赤に熟している。


今日は立冬。
それに合わせた様に、今日から気温が下がって、最高気温が18℃(前日比ー5℃)だったとか。これまで晩秋にしては暖かい日が続いたので、これで平年並みらしい。確かに朝晩は、肌寒い。
寒くなって来ると、年末が近づいて来るなと言う感じがします。大晦日まで2カ月を切っているので、ぼんやりしていると、すぐですね。そろそろ、今年中にやらなければいけないことをリストアップしなくては。


前回以降あったことを書きます。

10月30日(日)
  錦糸町のすみだトリフォニーホールで新交響楽団の第215回演奏会を聴く。
  演奏曲目は、
    ・シェーンベルク  5つの管弦楽曲
    ・マーラー      交響曲第5番嬰ハ短調
  シェーンベルク、ほとんど寝ていた。
  マーラー、重厚。オケが大編成(基本3~4管編成でホルン6、トランペット4)
  で盛り上がるところは音も大きい。その中で、第4楽章のアダージェットは
  確かに美しい。

  帰りがけに、神田神保町で開催中の「神田古本まつり」に立ち寄る。
  でも、時間が遅め(午後5時近い)だったのと、雨がぽつぽつ降り始めていた
  ので、店仕舞いのところが多く、特にお買い得品には巡り会えず、でした。
  ちょっと残念。


11月2日(水)
  一の酉の日。
  酉の市は、やはり周りが寒くないと感じが出ないので、我が家では三の酉
  (26日)に行くつもりにしています。

  夕方、「クラシック音楽の楽しみ方」講座の第5回、東京学芸大の山内教授に
  よる「音楽史、ロマン派」を聴講する。
  ロマン派の特徴の説明と、シューベルトからブラームス、チャイコフスキー、
  マーラーまでの著名な作曲家たちの代表曲、人となり、逸話、他の作曲家
  との交流などを紹介される。
  また、「スコアを見てみよう」と言って、シューベルト「未完成」、ブラームスの
  第3番、第1番、チャイコフスキー「悲愴」、ブルックナー第9番、のそれぞれ
  から一部分を総譜を見ながら音楽を聴く。うう、ついて行くのがシンドイ。
  でも楽しかった、面白かった。
  スコアを見て解説を聞くと、そんなところまで考えて作っているのか!
  作曲家って凄い!と思う。(講師が作曲家だから、そう思う様に仕向けて
  いるのかな。いやいや、そんなことはないでしょう。)


3日(木)
  文化の日の祝日。

  午前中、山種美術館で「知られざる歌舞伎座の名画」を観る。
画像

  日本画が中心ですが、なかなか良いものがあって、内容の濃さは期待した
  以上でした。
  歌舞伎が好きな画家や、歌舞伎俳優と交流があった画家たちが寄贈した
  作品が多い。また、歌舞伎俳優の中にも絵や書が上手な人が多く(梅幸や
  六代目とか)、その人たちの作品を見て感心する。

  六本木へ移動して、昼食は四国料理の88屋(はちはちや)さんで、讃岐
  うどんとミニ鰹丼のセットを食べる。
画像

  このうどんの腰が強くてうまい。

  腹ごしらえの後は、国立新美術館で「日展」を観る。
  日本画、洋画、彫刻、工芸、書、といろいろ見る。結構歩いて疲れる。
  それにしても、日展の日本画、洋画はどうしてあんなに大きいのだろう。
  (応募要項でサイズが決まっているのだろうけれど、我が家には飾る
  ことができないサイズばかりだ。)

  この日は文化的に過ごす。


6日(日)
  雨模様の日。カミさんは深川、隅田川方面へ吟行。富岡八幡宮がとても
  良かったと。隅田川で屋形船に乗ったそうだ。

  当方は川崎方面へ買い物。La Zonaのビック酒販でお酒(日本酒とワイン)
  を購入。
  岡田屋モアーズのBookOffで、以前から探していた「カブキの日」の単行本
  をみつける。別に皆川博子さんの単行本も併せて購入。いずれも105円。
  おまけに、入る時に貰った割引券があったので、2冊で合計60円。素直に
  うれしい ・・・ けど、作家さんの身になったら、「何で105円なんだよう。」と
  恨み言を言いたいだろうなぁ。



画像
我が家のふうせんかずら。
画像
その花。小さくてかわいい。


続きは次回。


Nick@アナウンサーの大塚さんが入院された由。是非早く回復して欲しい。
大塚さんがいないと、めざましテレビが面白くない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック