冬至2019 篇

2019年12月22日(日)  

12月に入った時に「ああ、今年もあとひと月だなぁ。」と思ったのですが、その後、何だかぼやぼやまごまごしているうちに、今年も残すところ10日を切ってしまいました。年の瀬が近づくにつれ、時の流れはますます勢いを増していくのでしょう。
それで、今日は冬至。ゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたり、いろいろやるべきことがあって忙しい日ですが、そもそもは一年のうちで昼が一番短い日。明日からまた昼が少しづつ長くなって行くのですが、だからと言って、日の出の時刻が早くなって行く訳でもないんですね。国立天文台によると、日の出が最も遅いのは冬至から約半月後だとのこと。その分(以上に)日の入りが遅くなって行くのでしょうね。夏至も同様に、日の入りが最も遅いのは夏至から更に約1週間後だそうです。

天文ついでに言いますと、春分と秋分の日は、昼と夜の時間が同じである日ということになっていますが ― で、全くその通りなのですが ― 気象庁や天文台が定めている昼と夜の時間に基づくと、同じではないそうです。それは、日の出も日の入も「太陽の上辺が地平線と一致する瞬間」として定義されているからで、普通考えられる「太陽の中心が地平線/水平線に一致する瞬間」との差異のため昼の方が数分長いそうです。

ところで、春分、秋分の日とも祝日になっているのに、何故夏至と冬至の日は祝日ではないのだろう。春分、秋分の前後は仏教でお彼岸の期間と位置付けられているから、なのでしょうか。チコちゃんに教えて貰いたいなあ。

キリスト降誕.JPG
先日、用事で目黒サレジオ教会の前を通ったのですが、今の時期を反映してキリスト降誕の場面のディスプレイがされていました。英語で Nativity Scene と呼ばれるらしいです。
シュトーレン.JPG
もう一つ今の時期にお似合いのもの ― シュトーレン。次女が料理教室で教わって作ったのを呉れたのだけど、これを食べるとまた太るなぁ。


前回以降の出来事について以下書きます。

10月16日(水)
 お彼岸は随分前に過ぎてしまったけれど、この日私の父母の墓参りに行く。
 実は、午前中に大月の先の十日市場にあるカミさんのお父様の墓に参り、
 午後帰途私の方に立ち寄る積もりだったのですが、念のため調べてみると、
 中央線の高尾〜大月が不通とのこと。ありゃ〜、台風の影響がここにも
 出たか。それで十日市場は次の機会へ回し、八王子方面にある私の方の
 墓参りにだけ行く。お父様、お母様、大変ご無沙汰致しました。合掌。
 南無阿弥陀仏。

18日(金) 
 昼食後、上野毛にある五島美術館へ行き、
五島_筆墨.JPG
 「筆墨の躍動」展を観覧する。ここでは国宝「紫式部日記絵巻」が展示
 されている。紫式部日記が、彼女の生きていた時代の約250年後の
 鎌倉時代に絵巻にされた作品とのこと。その当時から日記文学の傑作と
 評価されていたことが窺われて驚く。

19日(土)
 朝、浜離宮恩賜庭園へ行く。東京大茶会がここで開催されていて、抽選に
 当たったので、夫婦で中島の御茶屋でお茶会に参加する。私は、年毎に
 正座するのがきつくなって来ており、今回も自信がなかったのだけど、
 幸い結構多くの椅子席が用意されていて、それに腰掛けてお茶を戴く。
 ここでは、外国人向けのアトラクションが沢山催されていて、英語で
 説明されるお茶会(野点)は勿論、生け花体験だとか着物の着付け体験
 だとか・・・
東京大茶会2019.JPG
 江戸時代の駕籠に乗ってみる体験なんてのもある。

 終わった後、蒲田へ移動し、アプリコ大ホールで横浜シティ・フィルの
 第68回定期演奏会(指揮:小森康弘氏)を聴く。演奏曲目は
  フォーレ     組曲 ドリー
  プーランク    バレエ組曲 牝鹿
  ブラームス    交響曲第2番
   アンコール    グノー   トロイの娘たち
 プーランクの牝鹿は多分初めて聞いた作品だけど、何だか可愛い曲で
 また是非聴いてみたい。

 夜、ラグビーWCの決勝ラウンド、NZ 46ー14 アイルランド
 をTV観戦。まあ順当。

20日(日)
 午後一で川崎MUZAホールへ行き、
ザッツ管弦_18.JPG
 ザッツ管弦楽団第18回定期演奏会(指揮:田部井剛氏)を聴く。演目は
  ボロディン     中央アジアの高原にて
  エルガー      エニグマ変奏曲
  R. シュトラウス  アルプス交響曲
    アンコール    サウンドオブミュージックから
             アッピア街道の松
 アルプス交響曲は数十年ぶりに聴いたのではないか。もっと演奏されても
 良い曲と思うけど、演奏する方は大変なのかも知れない。

 夜、ラグビーWCで、日本 3ー26 南アフリカ。まあ、仕方がない。

21日(月)
 朝、大井町きゅりあんホールへ行き(何を今更ですが)
家へ帰ろう.JPG
 映画「家(うち)へ帰ろう」を観る。
  あらすじ ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラハムは、自分を
   施設に入れようとしている家族から逃れ、スペイン・フランスを経て
   ポーランドへと向かうための旅に出る。その目的は、第2次大戦中の
   ホロコーストから逃れ、自分の命を救ってくれた親友に自分が仕立て
   た「最後のスーツ」を渡すこと。
 最初の場面、ポーランドのユダヤ人コミュニティの宴会でツィンバロンを
 中心としたバンドがダンス音楽を演奏する。それを見ただけで、これは
 良い映画だと直感する。その直感は当たっていた。
 ところで、この映画はアルゼンチン・スペイン合作映画でセリフの80%
 はスペイン語で話される。私は大学でスペイン語を習ったはずなのに、
 10%くらいしか分からずちょっと落ち込む。勉強せずに麻雀ばかりして
 いたので仕方がない。

 昼食後、後楽園へ移動して、東京ドーム近くで、
篠山写真展.JPG
 篠山紀信の写真展 The Last Show を観る。
 これだけ、その時代その時代の有名人(の肖像写真)が並ぶと壮観だ。
 特に大きくプリントされている作品は見る人を圧倒してくるので一見の
 価値有り。

22日(火・祝)
 即位礼正殿の儀が行われる。朝、雨だったのが上がって晴れ間が覗いた
 のが印象的だった。
 午後 めぐろパーシモンホールへ行き、ポロニア・フィルハーモニー
 管弦楽団の第二回定期演奏会(指揮:田部井剛氏)を聴く。曲目は
  ワーグナー    楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
           第1幕への前奏曲
  ラヴェル     マ・メール・ロワ組曲
  ブラームス    交響曲第2番
 指揮者の田部井さんはアマオケから引っ張りだこの様子。この3日間で
 2回も聴いてしまった。

23日(水)
 夜、プロ野球の日本シリーズ第4戦が東京ドームで行われ、結果は
 ホークス4ー3ジャイアンツ。4戦連勝でホークスが日本一となる。
 鎧袖一触でしたな。
 ホークスは2017年から3年連続で日本一になった訳ですが、
 それぞれの年の日本シリーズの結果を見てみると
  2017年 ホークス 4勝ー2勝 横浜ベイスターズ
  2018年 ホークス 4勝ー1勝 広島カープ
  2019年 ホークス 4勝ー0勝 読売ジャイアンツ
 こうして見ると、横浜DeNAベイスターズが一番頑張ったじゃん。

24日(木)
 昔の勤め先の先輩・同僚たち計四人で食事会@川崎。

25日(金)
 夕方、初台の新国立劇場(中ホール)へ行き、
鼠小僧.JPG
 前進座公演「鼠小僧次郎吉」を観る。既に引退した次郎吉が、鼠小僧を
 騙る義賊を追うストーリー。「将軍江戸を去る」などの歴史もので
 知られる真山青果がこういう作品も書いていたのが面白い。

26日(土)
 午前中、山種美術館へ行き、
山種_大観etal.JPG
 「大観、春草、玉堂、龍子 日本画のパイオニア」展を観る。
 この四人が一堂に会するとさすが迫力がある。どれも素晴らしいけど、
 私は人物の描写がどこかユーモラスな玉堂が最も親しめるかな。

 夜、ラグビーWC準決勝 イングランド vs NZ をTV観戦する。
 イングランドがNZにNZらしい試合をさせない作戦が奏功。驚いた!

27日(日)
 夜、ウェールズ vs 南アフリカ 戦。南アが快勝。折角来日した
 Prince of Wales によるウェールズへの激励も効果が無かった様だ。

31日(木)
 この日は Halloween。27日の日曜日同様、渋谷が賑わった様だけど、
 昨年ほどの非道い騒ぎにはならなかったみたい。酒を販売しなかった
 ことと、警察等の準備が奏功したか。自治体も警察も学習したのだね。


Nick@みなさま、良い年をお迎え下さい。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント