テーマ:

菊づくし 編

2007年12月2日   12月に入ってしまいました。 言い古された言葉ですが、「泣いても笑っても、今年もあとひと月を切った」わけです。光陰矢のごとし。Time and tide wait for no man. それで、この時期の花ですが、おととい終わった11月は菊の月だったように思います。各地で開かれる菊花展で、「X…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実りの秋篇(その3)

2007年10月14日   随分秋めいてきた今日この頃です。この時期、いろいろな fruits や nuts が実って豊穣を目に見える形にしてくれます。 まずは、お米。(これは fruits でも nuts でもなくて grain ですが。) やはり、秋の日差しの中で黄金色に輝く稲穂の波は日本人にとっての原風景であり、心を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

保津川下り 篇

2007年8月26日   京都嵐山、渡月橋の近くで咲いていたむくげ(かな芙蓉かな)。 8月中旬、約一週間の夏休みを取り、一日中ポケーッとしている日があったり(何しろ暑かった~)、旧友たちとランチクルーズに行ったり(楽しかった~)、カミさんと観劇をしたり(面白かった~)、二泊三日の旅行に行ったり(散財してしまった~、→関西方面…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

訪問者篇(その6)

2007年8月5日   今週は、花を撮っていると、ぶんぶんとか、ひらひらとか、のたのたとか… やってくる愛すべき連中の特集です。 ・椿の蜜を吸う蜂さん 天気の良い日は稼ぎ時とばかり、蜂さんが大活躍します。 ・ひめりんごの花が気に入った蜂さん ・干上がった用水路の川床で日向ぼっこをする蝶たち ・そろそろトン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言うまいと・・・篇

2007年7月29日   7月も終わりに近づき、暑さも本格的になってきました。今日29日(日)は最高気温が30℃を超え、外を歩くと茹だるようでした。もっとも午後になって、夕立・雷がひと暴れしたので炎暑は一服しましたが。(今年から最高気温35℃以上の日を猛暑日と呼ぶようになりましたが、何も暑かった日を再確認するまでもない、という気も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天国と地獄篇

7月22日   先日、天国と地獄を経験しました。   17日(火)に大学同窓の仲間たちと年に一回の「宴」があり、一年ぶりにメキシコから里帰りしたばかりのSさん、6月末に8年間の海外駐在(ドイツ~エジプト)から帰国したOさん、昨年は病気から回復途上にあったため出席できなかったKさんなど懐かしい顔ぶれ10人が元気に揃って、お互い…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

船上の昼食篇(その2)

7月8日   7日(土)の晩は曇りで、時々雲の切れ間から星がちらほらは見えましたが、当方どれが牽牛(アルタイル)やら、どれが織女(ヴェガ)やら分からず、年に一度の逢瀬を確認することが出来ませんでした。多分、ふたりは雲の向こうで再会を喜んでいるだろうと推測しながら祝杯を一献傾けました。(まあ、理由は何だって構わないんですけど。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月に入りました篇

7月1日 この時期交わされるチョー月並みな会話(言うまいと思っていても、つい言ってしまう)・・・を恥ずかしげもなく書いてしまいましょう。 A:「6月が終わった――ということは、今年も半分過ぎた――んだよね。」 B:「そう、月日のたつのは早いものだ。」 この時期に咲く花を集めてみました。 ・おだまき これ、最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あじさい篇

2007年6月24日          いつの間にか6月最後の週になってしまいました。 関東地方も梅雨入りして、日によっては煙ったような雨が周りを滲ませて、ムーディーな?ブルージーな?景色を作り出してくれます・・・と言いたかったのですが、今年は雨の日が続きませんね。先々週入梅宣言が出た翌日から3日ほど晴れた日がありましたし、先週2…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

今年は早いぞ篇

2007年6月10日          この週末は天気が冴えませんでしたが、6月なのでしょうがないですね。既に九州は梅雨入りしたとのことで、それがまだ関東地方に及んでいないことを感謝しましょう。 今年は、季節が早めに動いている気がします。 データを比較している訳ではないので確信は持てませんが、花が咲く時期が1-2週間くらいは早い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月に入りました篇

2007年6月3日        二週間前の5月19日(土)に我が家と同じ京浜急行線沿線の「横須賀しょうぶ園」というところに行きました。花菖蒲にはちょっと早いとは分かっていたのですが、その頃けっこう暖かい日が続いたので、もしかしたら、気の早いのが咲いているかな、それに満開の時には見物客でぞろぞろ混むからなぁ、と控えめな期待とともに行…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

五月晴れ篇

5月20日(日)      今日は素晴らしい好天に恵まれました。まさに五月晴れ。   空気が比較的からっとしていて気持ちが良い。こんな日は家にこもっているのはもったいないので、ちょっとお出かけしました。(ま、その話は別の機会に譲るとして・・・。)    ところで、「五月晴れ」は語源的には梅雨の合間の晴れた空を言う(言った)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿篇(その6)

これは我が家の一重の黒椿。ベランダの鉢に小さいけれど健気に咲いてかわいいんです。弁脈が良く見える。  2007年4月22日 先週は、随分雨が降り続いた週でしたね。洗濯物がなかなか乾かず、困りました。漸く金曜日から春らしい天気が戻ったと思ったら、また月曜日から崩れるらしい。全くもう~。まあ、それはそれとして。 4月も下旬…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

チューリップ・チューリップ篇

2007年4月15日  土曜日(14日)は漸く暖かい日差しに恵まれた日になりました。 この冬は暖冬だったのに、春になったと思ったらなかなかうららかな日が続かない。日によっては肌寒かったり急に雨が降ってきたりして、周りでは「お陰で風邪ひいちまったよ。」とぼやく声も聞かれました。 でも待った甲斐がありました。土曜日は初夏み…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

訪問者篇(その5)

花の写真を撮っていると、ひらひらとか、ぶんぶんとやってくる訪問者たち。中にはこんな連中もいます。 2007年3月18日 ・蜻蛉 「赤とんぼ」と「赤いとんぼ」の違いは、昨年9月16日の「赤い秋篇」 http://nick-h.at.webry.info/200609/article_3.html で書きましたが、この「赤…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

梅と桜篇

花の蜜を吸いに来ているメジロが可愛いい。 2007年3月4日  今日はぽかぽか陽気で春本番を感じさせましたね。このままずぅーと暖かい日が続くと良いのですが。 風が強くてちょっと肌寒さを感じた一週間前とは大違い。その先週末(2月24日と25日)には当方、住んでいる京浜急行線沿線、三浦半島の先の方の二ヵ所に梅と桜を見に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿篇(その5)

今回は「おとめ椿特集」です。   以前、2006年7月22日に掲載した「2005年早春篇(その4)」でも書きましたが、おとめ椿のピンクは、これまでご覧戴いた 紅、白の花とはまた違った美しさがあります。 典型的なおとめ椿。 次の写真、名づけて「乙女たちの語らひ」。画面から楽しげなお喋りが聞こえてきそうです。 これはおと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるBLOGGER氏の生活と意見篇

2007年2月18日   みなさま、  この Mostly Flowers のブログを書き始めたのが昨年の7月でしたが、昨年の10月28日、合計アクセス件数が1000を超えたうれしさに「御礼篇」という記事を書きました。 しかし、当然のことながら記事によってそのアクセス件数が大きく異なります。当方のブログで少ないものは一桁で…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

椿篇(その4)

2007年2月11日(建国記念の日) この週末は3連休の方も多いことでしょう。当方、特に遠出はしませんでしたが、バレーボールの試合観戦とアマチュアオーケストラのコンサートに行き、それぞれ楽しめました。 勤務先の会社にバレーボールチームがありまして、土曜日に女子の試合があったので久しぶりに試合会場の「とどろきアリーナ」に夫婦で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

椿篇(その3)

みなさま、   今日(4日)は立春。例年ですと「春~は名~のみ~の...」の歌が似合う時季になりましたね、というところですが、今日、日中は早春のような陽気で、今年はこのまま春になるのではないか、と思わせられました。(でも一回くらい雪が積もって欲しい、という気もします。) 今回は、椿の花の咲き方が面白いものを選んでみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問者篇(その4)

形が似ているので花が花にとまったような。   2007年1月21日 花を撮っていると、ヒラヒラとか、ぶんぶんとやってくる訪問者たち。中にはこんな連中もいます。 アベリアの茂みでみつけたかまきり。不思議な取り合わせ。どうして君はここにいるの? あじさいに蝸牛は絵でもよく見かけますが、てんとうむしとの組み合わせも悪く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿篇(その2)

今回は、色に少し変化を持たせた椿をご紹介します。   2007年1月14日   絞り ― 白地に紅色の縦(中心から放射状)の線が入るのを「絞り」といい、その絞りの入り方も太目の縦絞りや細目の小絞り、細かい点々の吹掛け絞りなどがあるとのこと。 これなどはシンプルな縦絞り。 こちらは縦絞りと小絞りが混じり、 これは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

椿篇(その1)

2007年1月8日  真冬の寒さにもめげず、あちこちで椿が咲き始めています。   また、まだ咲いていなくてもつぼみが膨らんでいる椿の木もたくさん見かけます。これから最盛期(2月~3月)にかけてどんどんきれいな花を見せて貰えるのが楽しみです。 わたしは日本を椿大国だと思っています。椿の自生北限に位置する国でありながら、室町時代…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

訪問者篇(その3)

新年あけましておめでとうございます。 本年もこの「ほとんど花」のBLOGを宜しくお願い申し上げます。   2007年1月1日 花を撮っていると訪れる虫たちのご紹介を続けます。 蜂 - 忙しい働きものたち 宿根サルビア、さるすべり、のうぜんかずら、クレマチス、ひまわりなど、どんな花でもその盛りのときに必ずといって良い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

訪問者篇(その2)

12月3日の蝶に続いて、今回は Mostly Moths(蛾)です。蛾でもこれなんかきれい。   2006年12月24日   蝶と蛾の違いは何でしょう。蝶は昼きれいな姿を見せてくれるけど、蛾は夜やって来てガサガサうるさいし、胴体に毛が生えているし、有害な鱗粉を撒き散らす、ような感じがして好きになれない、という人が多いでしょう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

訪問者篇(その1)  

蝶 - この美しきものたち    2006年12月3日 おっと、今年も残り後ひと月を切ってしまいました。と言うことは、このBLOGを、も~四回書くと~おしょ~がつ~...。寒くなって来ましたので、お互い風邪やインフルエンザに気をつけましょう。(インフルエンザの予防接種を受けましたか。あれはやっておいた方が良いですよ。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い秋 篇(その3)

青空をバックにした紅葉で何を思い出しますか。   みなさま、このところ初冬と言った方が良い日もありますが、11月一杯は一応秋ということで...赤い秋の締めくくりです。 先週は、快晴の日あり、曇り日、冷たい雨の日など、天気は様々でした。それによる気温の変化が大きかったせいか、紅葉もところどころで見ごろとなり、雲ひとつ無い蒼穹を背景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋深し篇

柊のスッキリと甘い香り...。   2006年11月19日 みなさま、 先週は、朝晩はもちろん、昼も肌寒い日もあり(マフラーやコートを身に着けた人が増えました)、でも天気は快晴の日が結構続きましたね。ひんやりした空気で身体が引き締まり、青空で気持ちが晴れ晴れしました。漸く、ちらほら紅葉も赤みを増して来ていて、もうすぐ真っ盛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼の散歩道篇

散歩していると、こんな花が...。     2006年11月12日 みなさま、11月も中旬に入った晩秋に近い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。振り返れば、少し前まで暑い日もあったりして、漸く爽やかな季節が到来したと思ったら、もう朝晩は肌寒い日もあり、気候の巡る早さに驚きます。そういえば、数日前に立冬だったし、木枯らし一号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都散策編

2006年11月5日    みなさま、  昨4日(土)には、勤め先の会社が社員向けに開催した「歩け歩け大会 古都鎌倉散策」に参加して、秋の好天の半日、鎌倉の寺社めぐりを楽しみました。9時に北鎌倉駅を出発して、浄智寺、源氏山公園、銭洗い弁財天、鎌倉大仏(高徳院)、長谷寺と回ってから、材木座海岸のゴールへ、と言う約7キロのコース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more